ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ お土産。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-05

『とっておきのポーランド』を読む。

日本で必ず寄る場所といえば本屋さん。
一年を通して面白そうな和書をメモしておいて帰国した際にまとめて買います。
ついでに気になるポーランド関係の本もチェックしてみよーっ!と思い、
ガイドブックや旅行記コーナーに行くも・・・ 何とキレイサッパリない!

東欧と印された棚にはルーマニアやブルガリア、特にチェコの本なんてもうわんさかなのに、
これだけ大きな国である我がポルスカは総スカンですか、そうですか。ふん!
もしかしたらヨーロッパの方に分類されてるのかもという淡い期待も裏切られ、
行った某大手本屋さんにたまたまなかっただけだろうと自分を慰め帰宅。

しかし考えてみると、ポーランド関連の本は確かに少ない気がします。
ガイドブックの王道の「地球の歩き方」もなぜか<チェコ・ポーランド・スロヴァキア>という
三国まとめた形で出版されていて、まだまだ注目度が低い模様。

「人気がないんだ・・・」同行したポー旦那は若干落ち込み気味でしたが、
成田空港で機内で読む雑誌を物色していた調度その時、見つけてくれました。

じゃじゃーん!『とっておきのポーランド』!
とっておきのポーランド
名前も表紙も素敵。

実はツイッターなどで2月21日発売ということを巷に聞いていた本書。
出国間際に遭遇する幸運に恵まれ即買いしました。旦那も日本語読めないのに熟読。

まず全カラーなのが素晴らしい。そしてイラストがカワイイ!
ガイドブックというよりは、まるで雑誌を読んでいるように楽しく、
でも在住者でも痒いところに手が届く情報量で読み応えが充分にありました。
マニアな一人旅行者より団体旅行向けではあると思いますが、
何よりイメージが膨らむ!ポーランドがどんな国なのか伝わってきます。

そして行きたくなります。いや自分住んでるけど行きたくなりましたもん、ポーランド。
春になったらこれ小脇に抱えてふらりと国内旅行にでも行こう。

姉。

中をチラ見したい方は是非、ポーランド政府観光局さんのブログへ。

=======================
ブログランキング参加中。
とっておきの応援クリック。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-19

ポーランド発 チメルフ磁器。

ポーランドが世界に誇る陶磁器はボレスワビエッツだけではない!
今日は秘かにコレクションしているチメルフ磁器について熱く語ります。秋だし。
・・・いや秋は関係ないか。

独特なチメルフフィギュアたち。集めているのは主に動物モノ。
Cmielow チメルフ
馬、ウサギ、キリン、ウサギ、ダックス。

Ćmielów(チメルフ)はポーランドの南東に位置する小さな町で、
18世紀から陶磁器が盛んに生産されてきた場所です。その斬新なデザインは
1950年代に入るとともに徐々に世界的に人気を博すようになりますが、
1964年、製造所が大火に見舞われてからはチメルフの名は忘れ去れてしまいます。
しかし現オーナーであるアダム・スパワ氏の懸命な努力により、失われていた多くの
フィギュアの型が発見され、黄金時代のチメルフデザインが復刻。
今では知る人ぞ知るコレクターズアイテムとなっているわけです。

チメルフ鳥系。
チメルフ 鳥
白黒基調ですが、色が入ってるものもあります。

右はアヒル。左は鶏。
チメルフ デフォルメ
ややデフォルメされてます。

チメルフ熱はポー母の実家がチメルフ付近にあってプレゼントされたのがコトの始まり。
類を見ないモダンなデザイン、白と黒の使い方もそうですが、
その美しい曲線に魅了され虜になってしまいました。クラシカルでありながら、
どこかひょうきんなところもツボ。洗練されていながら親しみやすい、
まさにポーランドならではのデザインだと思います。

猫の表情も様々。
チメルフ 猫チメルフ 猫2
縞模様の入れ方はデザイナーによりけりです。

裏には必ずAS(Adam Spała) Ćmielówのロゴと製造番号が入っています。
Cmeilow
キリンの顔、ちょっと間が抜けてて好き。

動物以外でも様々な陶磁器があり、専属のデザイナーの個性が活かされつつ、
やはり一目でチメルフものだとわかるのが特徴。
チメルフ 人
気軽に手が出せるお値段ではありませんが、ちまちまコレクション中。

チメルフ 証明書
箱と鑑定書付きです。

姉。

AS Ćmielów ホームページはこちら
日本語サイトにも詳しく紹介されています。

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドブランドまだまだあるよ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-02

ポーランド発アクセサリーブランド Lilou。

いつ通りがかっても混雑しているので、ずっと気になっていたアクセサリーショップ
Lilou(リル)へ、友人のお誕生日のプレゼント探しを機に終に足を踏み入れました。

ポーランド人デザイナーのMagdalena Mousson-Lestang氏が
プロデュースしているアクセサリーなんですが、カジュアルでいてちとオサレで、
何よりパーツ選びが自由自在、そして好きな言葉や文字を刻めちゃう、
その遊び心満載なデザインがとても気に入りました!かわいい!

Lilou 1
重ねてつけてみたり。

Lilou 2
シンプルにまとめてみたり。(画像元

色とりどりの紐やビニール素材、またはもっとフォーマルなシルバー、ゴールド、パールなどの
チェーンを選んだら、お好きなパーツをお好きな数だけ組み合わせます。

・・・といってもディスプレイを見てるだけで迷う迷う!
Lilou 3
パーツもとても豊富で可能性は無限。

そこに名前やイニシャル、好きな言葉を彫ってくれ、オリジナルブレスレットや
ネックレスができるというワケ。願いを込めた言葉をお守りのようにして贈るのも
なかなか洒落てるってんで、毎度店内大混雑な人気の理由がやっとわかりました。

閉店間際に行ったにも関わらずカウンター前は長蛇の列。
リル 噴水リル 店内
しかもカウンター3箇所あるんだけれども・・・。噴水とアロマキャンドルが素敵でした。

彼女へのギフトで一生懸命悩む男性や、「おばあちゃん」と彫ってくださいと依頼される方、
またベビーアクセのために注文されるお母さんもいました。私もほしいぞ!
混雑具合にもよりますが、私はオーダーしたその日に出来上がりました。

リル

姉。

Salon Lilou
ul.Mokotowska 63 [MAP]
月-金 11:00-19:00 土11:00-18:00 日11:00-16:00
クラクフ、ヴロツワフなど全国展開されてます。
http://www.lilou.pl

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドブランド、もっと発掘したい!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-04

ポーランド式マヨチュッチュ。

良くポーランド土産にKrówki(クルフキ)を買います。
海外住まいのポー友達を訪問する時に喜ばれるだけでなく、
生キャラメルのような味が日本人の口にも合うと思います。

周りのサクサク感が強いものから中のとろ~り感重視のものまで、いろんな種類があります。
krowki
左側はチョコ味。あまり甘すぎず後引きます。

さてなぜ新年早々クルフキ話かというと、年明けて授業が再開された大学での出来事で。
授業中は基本的に食事は控えるよう生徒に言ってあるんですが、
ドリンク類やガム、飴、チョコなどは大目に見ていました。
特に「先生もお一ついかが?」と言ってくれる心優しい生徒もいるので、クルフキも然り。

しかしホワイトボードに例文を書き出してから振り返ると、
教室の後ろの方の生徒が思いっきりマヨチュッチュしてるではありませんか!

慎吾ママがよくテレビでやってたマヨチュッチュ。
チューブに入ったマヨネーズを容器から吸い出して食べるといういかにも体に悪そうなアレ。
自分もご飯のおかずにマヨネーズを食べちゃうほどの大のマヨ好きなんですが、
マヨチュッチュはない。あれはない。

それをポー生徒がやってる。しかも授業中。唖然。

突っ込まずにはいられず冷静を装いながら「君、何をやってるのかね」と問いただすと、
「クルフキです」と学食で買ったそれを見せられました。マヨネーズじゃなかったことに安堵。

もちろん授業を終えてから直行です、学食に。
クルフキ
正体はこれ!チューブに入った液状クルフキ!

これがいやその、実にウマイ!クルフキのトロトロ感だけが持続する至福の一品じゃないの!
スマイル
でもやはりチュッチュには抵抗があるのでトーストに塗ったらとても良い感じ。

生徒には内緒でハマってます。

姉。

でも授業中はクルフキチュッチュ禁止。

=======================
ブログランキング参加中。
改めて明けましておめでとうございます!おっはー!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2009-12-30

ポーランドでしか手に入らないアクセ。

ポーランドは琥珀の名産地として知れらていて、驚くほど安く琥珀が手に入ります。
宝石店に行くと原石をそのまま使ったようなゴロっとした巨大なネックレスから、
小さくカットされてデザインもなかなかモダンにアレンジされたものまで、多種多様。

ポーランド 琥珀

琥珀もステキなんだけど、ポーランドの名産品としてあまり知られていないのが、
krzemień pasiasty(クシェミィエン パシアスティ)という火打石の一種。

ポーランド フリント

世界でも唯一ポーランドでしか採れない貴重な石です。
ポー母の実家であるŚwiętokrzyskie地方で採掘されているこの石は、
別名「ストライプフリント」と呼ばれ、洞察力や行動力を引き起こすパワーストーンらしい。

私もお土産に買って帰ったこともあるこのジュエリーを、
クリスマスにポー母から頂いてしまいました。

krzemień pasiasty
私&ポー妹&ポー母&でお揃いのネックレス。
これでどこにいても火をおこせる!おこさんけど。

グレー×ホワイトのしましま模様がはっきりしているものも、
コーヒーミルクっぽいマーブル模様のものも、わりと服を選ばずにつけられます。

姉。

明日はパーティにお呼ばれ。さて何着てこ・・・

=======================
ブログランキング参加中。
もう2009年も残すとこあと一日!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。