ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 遊ぶ。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-29

秋のヴィラヌフ。

秋晴れが続いております、ポーランド。
そんな中、来週からはいよいよ新学期がスタート!
意を決して申し込んだポー語レッスンも同時に始まる予定で、
再び忙殺される前に優しい秋の日差しの中、ヴィラヌフ庭園を散策しに行きました。

ヴィラヌフ宮殿

おなじみのWilanów(ヴィラヌフ)宮殿はワルシャワ屈指の観光スポット。
夏のハイシーズンの人混みを避けたこの時期に訪れるのが好きで、
お決まり入場料の5ズロチ(約115円)を払い、お城をスルーして庭へ。

改築工事が終わったばかりの庭園内。
ヴィラヌフ庭園ヴィラヌフ バラ
バラが咲いてました。来年の春にはもっと多種多様なお花が見れるはず。

平日だったのもあり、一人王様気分を味わえるくらい人がまばらでした。
ヴィラヌフ
腰に手をあて浮かれポンチな石像をマネて散策するも良し。

突如として現れる池。
池ヴィラヌフ川
鏡のような水面をたたえた静かな川。

小川が流れていたり。
小川散歩道
紅葉の始まった木々を潜り抜けるように散歩道があったり。

ヨーロッパのトルコ侵略を撃退したこととポーランドの黄金期をもたらしたことで
今でも親しまれているヤン3世ソビエスキ王によって建てられたヴィラヌフ宮殿と庭園は
ベルサイユ宮殿のような華やかさに欠けるものの、それが逆に親しみやすく穏やかで
どこかホッとさせられる佇まい。のんびりと釣りを楽しむ人やアヒルや白鳥を眺めながら
ベンチに腰をおろして平和な光景にしばし時間を忘れてまどろむのもいとおかし。

ポーランドに原生する通称「赤リス」さんが冬支度に忙しく飛び回っていました。
赤リス
お腹が白くて小柄。カワイイ。

目一杯充電した夏休みを終え、これから一仕事挙げる時期がまた始まります。
それと同時に訪れるポーランドの厳しい冬。自分の力の及ばぬ所で
常に動き続けている現状に打ち勝つか否か、己の道を貫き通せるか試される中、
向かい入れる準備を心に従え、新たな決心を胸に憩いのヴィラヌフを後にするのでした。

姉。

Muzeum Pałac w Wilanowie
ヴィラヌフ宮殿と庭園 [MAP]
www.wilanow-palac.pl

=======================
ブログランキング参加中。
浮かれポンチ上等!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-13

川下りで浮き彫り夫婦像。

過ぎ去る夏が口惜しいです、ポーランド。
これから日照時間がみるみる減るとともに気温も容赦なく下がると思うととても憂鬱。
とにかくお天道様を拝める日はムダにしまいと、週末ちょっくら川下りしてきました。

どんぶらこっこ~ すっこっこ~
カヤック
スゴイ剣幕で必死に漕ぐ運動不足アラサーの後姿。

ワルシャワから車で一時間弱、ポー両親の家の近くににカヤックレンタルがあり、
11kmコース(約2~4時間)にチャレンジ。レンタル代は45ズロチ(約1100円)。

川底が見えるほど水が澄んでいて、たくさんの青トンボや川魚がいました。
蛇が泳ぎながら目の前を通過してギョッとしたり、野鳥を目撃したり。

激流などもなく、辺りはとても静かでした。
ポーランド カヤック
漕ぐ手を休めて穏やかな水の流れに身を任せていると、何だかちょっとホッとする。

カヤックに乗ったまま予め持参したサンドイッチを食べていたら、日曜日だったからか、
遠くからミサの讃美歌が微かに聞こえてきて、何だか映画のワンシーンのようでした。

さて、以前にも沖縄で幻のサガリバナを見にカヤックで川を下ったり、
近場でもカヌーに挑戦したことがあるんですが、二人乗りだからこそ試されるのが
連携プレー。前方に座る者に後方が漕ぎ手を合わせないと前進しないんです。

体重比からして私が前方に座るキャプテン役なんですが、
後ろのポー旦那にから厳しいダメ出し続出!リズム感がないとか仰るじゃありませんか!
腕力が乏しいカヨワイ乙女はそんな速く漕げないんだな、これが。
あまりワシワシやるとすぐヘコタレるので結局は形だけの漕ぎ様になってしまい、
後方で鼻息荒く二人分を漕ぎまくって頑張るポー旦那。
思わぬ所で夫婦像が浮き彫りになっちゃったりするのもカヤックの醍醐味です。

そんなディープなカヤックデートはカップルに是非ともおススメ。
我々が行ったJoniecだけでなく、ワルシャワ内でも
Kępa Potocka公園Szczęśliwice公園でカヤックレンタルがあります。

Joniec

姉。

それでも翌日は筋肉痛。とほほ。

=======================
ブログランキング参加中。
どんぶらこっこッテーレッ!どんぶらこっこッテーレーレッ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-08-07

GACKT ポーランドに上陸。

今までメジャー級ヴィジュアル系アーティストにはことごとくスルーされてきたポーランドに、
なななんとあのGACKT様が上陸とのことで、一気に血が騒ぎました。えぇ騒ぎましたとも!

誰にでも人に語るにはちょっぴり恥ずかしい黒歴史の一つや二つはあるものと思いますが、
自分は何を隠そう、ヴィジュアル系バンドにのめり込んだ熱き十代!これです。

SLAVE、ゆばまんがしら、運命共同体、気合入れ、薔薇娼婦・・・ 
そんな小っ恥ずかしくも懐かしい話題が通用する唯一のワルシャワ在住者約一名と共に
鼻息荒くチケット握ってライブハウスStodołaへ向かいました。

さすがGACKTとのことだけあってストドーワ前は長蛇の列。
Stodola
いやしかし皆さん若いです。キャピキャピしちょる。

ポーランドでこの名前が張り出される日が訪れることになろうとは。
GACKT
日本では考えられないような小さな箱です。

知り合いを何人か見かける中、生徒にも見つかってしまい素性がバレました。
そして開演前から異常な熱気に包まれた会場ではなぜかショパンが流れており、
クラシックにも精通しているGACKTのお計らいかどうかはわかりませんが
そんなBGMをかき消すほどのコールに応え始まったライブ。熱いぞ!

至近距離GACKT。ムキムキボディにポーギャル大フィーバー。
GACKT Poland
お写真はブログblossom of lifeのKOHちゃん作。

今回GACKTが率いるバンドYellow Fried Chickenzですが、
実はこのバンドのドラマーを務めるLuna Seaの真矢さんが大好きで、
ファンだったあの頃の自分に再会した気持ちでした。
1○年ぶりに聴く素晴らしい太鼓に歳を忘れて一人祭状態。腰痛が・・・

ダンスありーの、ストリップありーのとファンサービスに事欠かないパフォーマンスで
とにかくファンとのコミュニケーションがばっちりだったライブですが、
なにより必ずしも音響が良くない会場でのGACKTの歌唱力に脱帽。

その上、今回のライブ、ポーランドのファンの魅せ方にちょっと感動してしまいました。
絶え間なく続く「YFC」のコールだけに留まらず、「ジンクイェメ!(ありがとう)」と
叫び続ける観客前にメンバーは最初ポカーン状態。
次は「アリ・ガト!」と日本語でコールが湧き上がり、確実に伝わってました。
最後はポーランドの旗を掲げ、それがGACKTの手に渡り、メンバーも満面の笑み。
ポーランドのファン、やるじゃないか!

興奮冷めやらぬライブ直後、友達がなんと真矢さんのバチをゲットしたので記念撮影。
真矢 バチ
生徒からもGACKTのシャツの糸くずをゲットしたと報告がありました。よくやった!

姉。

~おまけ~ このジャケットを許したKFCにも脱帽。
YFC

=======================
ブログランキング参加中。
ヘドバン鞭打ち連打クリック!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-22

催眠的金管楽器合奏。

エネルギーの塊のような音に思わず体が動いてしまう。
今週末はHypnotic Brass Ensembleのライブで汗だくになりながら、
まさに音楽という起爆剤を全身に浴びるような熱い体験をして感動しました。

彼らがステージに出てきた瞬間、最前列で管楽器の爆風を受け発狂!
Hypnotic Brass Ensemble 1Hypnotic Brass Ensemble 2
実は8人全員実兄弟なんです!

HBE 1HBE 2HBE 3

シカゴ発9人組のスーパーブラスバンド、ヒプノティック・ブラス・アンサンブル。
ストリートミュージシャンとして活動していたのが納得できる、古き良き時代のアメリカの
吹奏行進曲にファンクが加わったようなサウンドを、息の合った8人兄弟が奏でます。

ラップで魅せたり・・・
Rap

ダイブを繰り返してくれたり・・・
Dive

とにかくお客の心をガッツリ掴むのが上手い!
コミュニケーションのキャッチボールを楽しむMCに会場は大盛り上がり。
歌ったり、コールしたり、しゃがんだり、ライター(ない人は携帯電話)点火したりで、
ミュージシャンと一体になって楽しめた素晴らしいコンサートでした。

メンバーが飲んでたビールの銘柄を見逃すワケがない我々。
lomza
ポービールŁomza(ウォムジャ)でした。ナイスチョイス。

やっぱり生の音楽の迫力はスゴイです。
特に今回は電子音楽系が一切なくて、音源から出るエネルギーを直に受けるライブで、
その躍動感に圧倒されっぱなしでした。誘ってくれた悪友Aちゃん、ありがとう!

ちょっと気になったのがアフリカ系ミュージシャンによくある、○間触り。
恐らくずり落ちる腰パンを直すためだと思うんですが、どうしてあそこでするかなぁ。
funk the junk
あっ!また直した!・・・多分そこに元気の源が隠されてるに違いない。


このストリート感は純アメリカ培養。どこか懐かしい。

姉。

palladium

Palladium
Złota 9 [MAP]
www.palladium.art.pl

=======================
ブログランキング参加中。
元気の源さりげなくクリック!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-20

旧共産党本部で踊ってみた。

時代の移り変わりを感じたのがちょっと前に行ったクラブイベント。
Klub55の移転先でTerrence Parkerが回すとのことで悪友らと共に
久しぶりにクラブへ行ったのですが、その住所がなんと旧共産党本部!

新世界通りを歩きロンドドゴールへ。
「こちらでーす」闊歩しながら案内してくれてるシャルルドゴールの銅像が目印。
ワルシャワ ロンドドゴール
その後ろにそびえ立つのが元共産党本部ビル。

オランダ留学中に行った教会が改造されたクラブも衝撃的でしたが、
ワルシャワのまさかこんなところで踊れるとは思いませんでした。

DJのパーカー氏。ヘッドフォンじゃなくて受話器を使ってたのが面白かった。
Terrence Parker
「もしもし?出前頼みたいんですが」 (画像はKarolGrygoruk

クラブの内部が暗くて写真がうまく撮れなかったんですが、
ホテルのホールのような大理石のフロアに60年代の古めかしいバーカウンターがある作りで
まだまだこれから内装を改良してほしいものの、なかなかいい感じ。
箱が広すぎて、ホテルのロビーで踊ってるみたいでシュールでした。

旧共産党クラブ

ちょっと前までは、ポーランド政界を揺るがすお偉いさんたちが出入りしてたんだなぁ。
そんなところでハメ外してるんだなぁ。フヒヒ。

何年も前ですが、実は北朝鮮大使館でも踊ったことがありました。
クラブやオフィスとして又貸しすることによって外貨稼ぎをしていたそうで、
記念に行ってみてお祭騒ぎしてトイレ使って北朝鮮大使館マーキングしておきました。

さて先日このKlub55のある旧共産党本部ビル前を通ってまた驚いた。
一階部分がやたら煌々としていて眩しいと思ったら、
なんとフェラーリディーラーのショールームになっておりました!

フェラーリ 赤フェラーリ 黒
フェラーリがズラーリ。あ、すみません。

当時はまさかこのような高級車が陳列されることになろうとは誰も思わなかったでしょう。
この日はポーランドで初めて、あの007シリーズで有名なボンドカー、
アストンマーチンが街を走り抜けるのを目の当りにしたばかりで、
車体美に心奪われるよりか、ポーランドが裕福になりつつあることに感慨深さを覚えました。

ワルシャワ フェラーリ

民主主義国家になり資本主義を導入して約20年。
ポーランドはまだまだその恩恵を享受しはじめたばかりです。

姉。

Nowy Klub 55
(Dawny Dom Partii)
ul. Nowy Świat 6/12 [MAP]

=======================
ブログランキング参加中。
マルクスもビックリック。あ、すみません。



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。