ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ ショパン。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-01

ワルシャワで出会った有名人。

ビバリーヒルズでハリウッドセレブに遭遇するように、
ワルシャワでは有名ピアニストに遭遇できるかも?!

前回の記事
で書きましたラブラドールパレード、
集合場所が国立フィルハーモニー前と書きましたが、パレードに参戦する前に近場の
カフェでちょこっとコーヒーなんぞを飲んでいたら、なななんとお向かいのテーブルには・・・

ショパンコンクール優勝者のユリアンナ・アヴデーエワさんが!!!

思わずカプチーノぶふぉゎ!になりましたです、ポーランドの姉。
アヴデーエワ 表紙
ショパン初心者の私でも見落としません、間違いなく雑誌の表紙を飾るこの方です。

流暢な英語で打ち合わせをしていたアヴデーエワさん。
この時カフェの外は既にラブラドールまみれになってまして、そのことが気になったのか
「どうして今日はこんなにワンコが多いの?」と同行している方々に尋ねておりました。
パレードがあるとの説明を受けて、彼女が言った次の言葉を聞き逃しませんでしたわよ。

「じゃぁ私もラブラドール、買っちゃおうかしら!」

・・・アヴデーエワさん、意外とお茶目。

打ち合わせの邪魔になってはいけないと思ったので、
お帰りなられる時に一言だけ話しかけさせてもらいましたところ、何とお写真まで!
アヴデーエワさん
優しい笑みと握手が印象的な素敵な方でした。

姉。

後から写真を見て、隣の自分が危ない人並みにニヤケてたのに愕然。

=======================
ブログランキング参加中。
だって嬉しかったんだもーん♪ ・・・手洗えない。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-08-21

ショパンとUFO。

去年の秋、ショパンコンクールにハマってからというものずっと行きたかった、
生ショパンinワジェンキ公園へやっと行ってきました!

ショパンの銅像と池を囲んで聴き入る大観衆。
ショパン ワジェンキ
青空の下で聴くショパンはとても優雅でした。

白いテントの下に演奏者の方がいます。
ショパン ワジェンキ
まるでショパンが覗き込んで聴いているよう。緊張するだろうなぁ。

このショパンの銅像、第二次世界大戦中の1930年5月31日に、
ドイツ兵により一度破壊されてしまったそうです。これにはちょっとした逸話がありまして、
その翌日には手書きのメモが銅像前に添えられており、そこには、
「誰が私を破壊したのかは知らないが、その理由はわかっている。
それは私が貴方の指導者のために葬送行進曲を弾かないためであろう。」と、
書かれていたそうな。うふふ。何ともぞくっとするお話ではないですか!

同行したクラシックのプロであるお友達2人のショパン評論に恐れおののいたら、
次はワジェンキ公園から徒歩5分、今年の夏に突如出現した謎のUFOへ。
UFO
宇宙侵略か?!と思いきや、なんだかとても賑やかです。

このUFO、都会の廃れた空間に息吹を吹き込む目的で作られた仮設アートで、
ホステル兼カフェ兼フリースペースと、ちょっとフリーダムな感じになってました。
今日は日曜日ということもあってフリマが開催されており、プールがあったり、
卓球テーブルがあったりと大盛況。

海の家のようなバー。
海の家バー
UFOの二階部分がホステルで寝泊りできるそう。

DJが回してました。
UFO DJ
全く別次元の音楽にしばし聴き入る日曜の午後。ショパンもびっくり。

ショパンinワジェンキのスケジュールはこちら。12時と16時の二部構成です。

UFO (Unexpcted Fountain Occupation)はこちら
ul.Na Rozdrożu [MAP]

姉。

~おまけ~ フリマで買ってしまったゲームボーイの手作りピアス。
ゲームボーイ

=======================
ブログランキング参加中。
手をあわせて見つめるだけで~♪ 応援クリックしたくなる~♪ 



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-08-10

甘いショパン。

先日、悪友Aちゃんからいきなり手渡されました。

ショパンのぺろぺろキャンデー!
ショパン キャンデー
久しぶりにしばし笑いの発作に襲われました。ありがとう!

写真ではわかりづらいですが、ショパンの顔がとても鮮やかなブルーでして、
いやこれ、ショパンのあの特徴的な横顔をよく知らん人にとっては
何ともただただ不気味な飴ではありませんか。しかも結構大きい。

ショパンを舐めるだなんて恐れ多い!

姉。

いやショパンを飴にすること自体間違ってるような・・・

=======================
ブログランキング参加中。
名づけて不味ルカキャンデー。・・・さぶっ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-05-02

日本がんばれCD。

先日、実家の母から感激したとのメールが来ました。
なんのこっちゃと思ったら、ポーランドから一枚のCDが届いた様子。

実は私も頂戴しました。Solidarni z Japonią(ソリダルニ・ズ・ヤポニオン)。
Solidarni z Japonia
「日本と連帯を 日本がんばれ!」という名のショパンのCD!うおぉぉ!!

ツィマーマンやブレハッチといったショパン初心者の自分でも
涙腺や唾液腺やその他もろもろが緩みぱっなしになる大御所たちが挙って
日本の震災被災者支援のためにアルバムを作成。印税を放棄し、
当ブログでも書いてきた「万羽鶴プロジェクト」なる募金活動にも協力してくれた
Polska Akcja Humanitarna(PAH)を通して収益が寄付されます。

内容は以下の通り。
日本がんばれ
ショパンコンクールのライブ録音も含まれております。

このCD、実はポー旦那の母が私と日本の実家にと買ってくれたもの。
ポー母、そして父は、今回の震災を受け一番に電話をくれました。
そして個人的には明かしてくれないものの、ポー旦那に聞くと
こっそり募金もしてくれたみたい。本当に頭が下がる思いです。ありがとう。

震災が起こってからというもの、日頃お世話になっている大学の守衛のおじさん方や
初めて伺うお医者さんなどからも弔意のお言葉を頂戴することがよくあります。
「美しく気高い日本がこのようなことになって残念だ」と仰ってくれた方も。
至らないポーランド語で感謝の言葉を述べるんですが、こんな時はなぜか
深々とお辞儀をしてしまい、お相手もつられてお辞儀なんてことも。スンマセン。

思い出しました。震災が起こる前日、ショパンコンクールで2位を獲得した
イケメン天才ピアニストのルーカス・ゲニューシャスのコンサートへ行ったのでした。

初めて足を踏み入れたワルシャワ国立フィルハーモニー。
ゲニューシャス
エチュードの10と25を全部弾きこなすという偉業を見せ付けたコンサート。

椅子
念願の椅子にも座れた。

ゲニューシャス、素人ながら言わせてもらえば、とにかく怪物です。
演奏前のピアノに触れる瞬間まではしばらく緊張の間があるのかと思いきや、
ふらりとステージに現れてはいきなり弾き出すというスタイルでしかも、
感嘆の溜息が会場から起こるほどの素晴らしい演奏。

何というか、演奏者やピアノ自体をも消えて忘れてしまうほど心に直にポッとともる音で、
これほどまでに演奏家自身が薄らいでしまうものなのかと驚きました。
それに伴い純粋な形で前面に出でる美しいショパン。本当に綺麗でした。
努力だけでは演出できないこのさりげなさが天才なのかい、ゲニューシャスくん!

最近はスカイプで実家の母と話し、日本の状況を詳しく聞き、
まるで戦時中のように緊迫した、行く末不明瞭な状態に愕然としております。
全くもって気分の晴れない近況に「日本がんばれ!」と題されたCDを聴きながら、
ショパンに束の間の安らぎを求める今日この頃。

姉。

夏に帰国すべきかも悩み中。

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドもGW中。応援クリックは通常通り募集中!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-02-08

ショパン増殖中。

「擦り切れる」ってレコードかカセットテープ世代なのがバレバレの表現ですが、
本当に擦り切れちゃうくらいショパンのCDを聴きまくってます、未だに。
そして誕生日でもないのにショパングッズを頂戴しちゃって
さらにショパン熱が加速。ウハウハ。

悪友Aちゃんが翻訳した記事が載ってる雑誌『MOSTLY CLASSIC』。
Mostly Classic
いい仕事してるじゃなーい!じっくり読破している最中。ありがとう!

そして実家から送ってもらった『月刊ショパン』。
月刊ショパン
こちらはページが擦り切れちゃうほど読み返してはショパコンを追体験。

これも実家から送られた辻井伸行氏のCD『マイ・フェイヴァリット・ショパン』。
辻井伸行
これがまた一味違って素晴らしい!

数年前に帰国した際、生まれながらにして全盲のピアニストである辻井氏の
テレビ特集を見て感動しましたが、少しショパンを嗜んだ今聴くとさらに深くて美しい!

ちょっと変わりダネとしてポー母からもらった『U źródeł muzyki Chopina』。
マズルカ
訳して「ショパンの音のルーツ」というもの。

ショパンに影響を及ぼしたとされるポーランドの東中部、主にマゾフシェ地域の
伝統的な音楽を録音したCDで、素朴なマズルカの源泉がおさめられてます。
これはこれで、中世ポーランドの風景が浮かんでくるような感じを楽しんでます。

さらにマニアックになるとこれ。『Chopin na 5 kontynentach』。
世界のショパン
「五大陸をまたぐショパン」という意味です。多分。

いやその。ボブ・マーリー顔負けのドレッドヘアになっちゃってる可哀想なショパンに
ちょっと申し訳ない気持ちになってしまうんですが、それ以上に微妙な内容になってます。
アフリカ、シベリア、ブラジル、アラビアなど、伝統音楽にショパンを織り交ぜている作りで、
もちろん日本もあるんですが、これが何回聴いても「荒城の月」にしか聞こえず苦戦してます。
ショパンを楽譜レベルで理解している方ならわかるかも。ちょっと勉強不足です、自分。

ナウなヤングになっちゃってるショパン。ポーランド国章入りマグカップを見落とすまい。
ショパンくん
コメントを頂いた方に教えてもらったラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのサイトより。

姉。

ショパン七変化もコンプリート間近!

=======================
ブログランキング参加中。
コメント返しが滞ってますが、日本から返信します。すみません!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

次回は日本から。いってきまーす!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。