ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 2009年08月

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-27

ポーランドといえば? ポーランド土産3。

家族の誰かがポーランドに嫁ぐとありがちなこと・・・

Boleslawiec
実家の食器棚がBolesławiec(ボレスワビエッツ)で一杯になる!

ポーランド土産の中でもかなり人気の商品だと思いますが、
我が家も例にもれず、帰国するたびにリクエストを受けるので、
実家のみならず親戚の家もボレスワビエッツの陶器だらけ。
ボレスワビエッツボレスワビエッツ 3
ポーランド人も好きな人は集めてます。

深いブルーと独特の模様が
カントリーでかつ、エキゾチックな印象を与えます。

ひとつひとつが手作りで、模様はスタンプで作られています。
裏には作った職人さんの名前入り。
ポーランド ボレスワビエッツ 

ボレスワビエッツは正規店で購入すると格付けされています。
青のシールは一級モノ、緑は二級です。
ただ、ハンドメイドなのでそれぞれスタンプ(模様)の数や
微妙な色合いが異なりますが、それはご愛嬌。

ポーランド Boleslawiec
違う模様のマグカップでも統一感があります。

姉。

ボレスワビエッツ

ボレスワビエッツ ワルシャワ店
ul.Prosta 2/14
www.ceramicboleslawiec.com.pl
[MAP]

~おまけ~
ボレスワビエッツの不気味すぎるパンフ。
パンフ

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドに嫁ぐとブログを始める・・・ これもあります。



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2009-08-24

ガイド失格。

実は今、ポーランドの某日本語学校の生徒さんたちが、
短期語学留学のために来日しているんですが、
その彼らのガイド役を引き受け先週末、浅草~お台場を案内しました。

10時に浅草に集まったポー生徒11人は、もう既に暑さに参っているご様子。
大丈夫かなぁ・・・とちょっと心配したのも束の間。

雷門を潜り、浅草寺へと続く仲見世通りでテンション全開!
一緒についてきてくれるものとばかり思っていたのに振り返ると、
お店というお店に吸収されてて生徒が誰もいなーい!
ツアー開始15分で生徒全員失踪という何とも情けない状態に。

浅草
ここを通ると即自由行動に突入。ガイド失格。

それでも質問があると聞いてくれたりして少しは役に立てたかな。
お箸や招き猫をお買い上げして生徒たちも満足そうでしたが、
『神風』と書かれたハチマキを諦めさせることには失敗しました。
『合格』って書かれた方を勧めたけどダメでした。

一番困った質問は『みたらし団子』について!
「これは何?」という質問に、
日本語とポー語と英語を交えて説明しようとしたものの、無理!
「こうライスをコネコネして・・・モチモチした食感の・・・」
・・・全然伝わりませんでした。

「どんな味なの?」と聞かれても、
「甘辛い・・・」って何て言うんじゃー!
結局勇敢な女子3人が物は試しとご購入。
「どう?美味しい?」と聞いてみると、
「・・・」
彼女たちも言葉に詰まっていました。

浅草寺へお参りを済ませた後は水上ボートでお台場へ。
この水上ボート、『ヒミコ』の名に似合わず近未来的な外観!
ヒミコ

船内には銀河鉄道のメンバーが。
銀河鉄道
鉄郎と車掌とメーテルの声でアナウンスが入る懲りよう。

お台場まで1520円。冷房完備で快適な 空 水上の旅。
水上バス
隅田川をゆっくり50分かけて下ります。

お台場の目玉アトラクションといえば、もちろんコレ!
ガンダム
個人的にも見たかった等身大ガンダム!

スゴイ!カッコいい!目光ってる!
・・・てあれ?いつの間にか生徒の姿が・・・

姉。

ガンダムに熱中してたら再び生徒失踪。

=======================
ブログランキング参加中。
はーい!応援クリックはこちらですよー!



こちらですよー!おーい!ここですよー!
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2009-08-23

ご無沙汰しております!

一時帰国も後半戦に突入した夏休み。
遠く離れた日本に住む妹宛てに始めたブログですが、
こうして毎日、実際妹たちと顔を合わせて楽しく過ごしていると、
改めてブログを書くのがちょっと恥ずかしかったりします。

だいたい毎年夏には帰省しているのですが、
今までずっと蔑ろにしていたことに今回取り組みました。
それは・・・ 

実家に置き去りにしていた荷物の整理!

ダンボールに詰められた思い出の品々を出しては懐かしみ、
惜しんでは捨てたりして、断腸の思いで小さくまとめたのがコレ!

2_1.jpg
あれれ?・・・全然まとまってないような気が・・・

これ全部ポーランドへ送るつもりです!
ただいま安く送る方法を模索中。

姉。

「妹、妹って僕のことを忘れてますね。」
1_1.jpg
久しぶりに弟(ジュン)とも再会!

=======================
ブログランキングにも復帰。
クリック久しぶりにお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ジンクエ!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2009-08-01

ワルシャワ蜂起記念日。

今日はワルシャワ在住者にとっては特別な日です。
ナチスドイツの占領下にあったワルシャワ市民が65年前の今日、
午後5時の合図と共に武装蜂起した日。

ワルシャワ蜂起
ワルシャワ蜂起とレジスタンスのマーク。

数日間の予定だったはずの蜂起。
市民が立ち上がることで西洋の国々および、ロシア軍の介入を促し、
ナチス軍を覆す画策は、見事に裏切られます。
西洋には黙殺され、「ポーランド解放」を謳ったはずのロシア軍は、
ヴィスワ川の岸辺でワルシャワ市民が殺されていくのを眺めているだけ。

63日間も続いた壮絶な戦いの果て、
20万人に及ぶ市民とレジスタンス軍は虐殺され、
ワルシャワは焼け野原と化しました。(クリックで拡大)
ワルシャワ壊滅
翌年の1月になってロシア軍は既に壊滅状態のワルシャワに侵攻し占領します。
生き残った数少ないポーランド人を処刑、もしくはシベリアへ抑留。

ワルシャワ蜂起に参加したポーランド人の多くは、
ワルシャワ在住のインテリやエリートでした。
国の存亡を考え、立ち上がることを決意した一世代を丸ごと失ったポーランドは、
その後、半世紀にも及ぶ暗い共産主義時代へと突入していきます。

8月1日 午後5時。ワルシャワ市内ではサイレンと共に1分間の黙祷が捧げられます。
車もバスも停車し、歩行者は立ち止まり、ただただサイレンが鳴り響くだけ。
ワルシャワ蜂起 2
呼びかけのポスター。

ワルシャワを訪れる人には是非、ワルシャワ蜂起博物館を勧めたい。
とても内容が充実しています。妹と一緒に行きました。
ワルシャワ蜂起博物館クブシュ
左)犠牲者の名前が書かれている記念碑。
右)ポーランド国内軍の「手作り」戦車Kubuś(クブシュ)

もちろんワイダ監督の『地下水道』も。
最後のシーンはポーランド人の精神を表していると言っても過言ではないほどの名作。

姉。

ワルシャワ蜂起博物館(Muzeum Powstania Warszawskiego)
ul. Przyokopowa 28
(木 10:00-20:00、他 10:00-18:00、火曜日閉館)
http://www.1944.pl/

=======================
ブログランキング参加中。
応援クリックで一飛び! 明日は飛行機の中!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。