ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 2010年11月

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-26

迷走バス。

ポーランドに越してだいぶ経つわけですが、いやね、
もうそうそう驚かされることはないと思っていました。うん。タカをくくっておりました。

・・・甘かった。ポーランドね、まだまだやってくれちゃうワケですよ。

結論から書きますと、いつもバス通勤なんですが、昨日乗ったバスで運転手が迷いました!
それだけなら百歩譲って、ありえることだとしましょう。人間いろいろありますから。
もしかしたら調子悪かったのかもしれないし、
第一子が誕生した一報が入ったばかりで心ここにあらずなのかもしれないし、
はたまた映画『スピード』のキアヌのようにテロリストと戦っている真っ最中なのかもしれない。

いろいろ言い訳を考えてあげているうちに妄想が暴走。バスは迷走。

すると「この先どっちに行けばいいんですかね?」と聞かれました。
最前列に座っていたんですが、あまりに咄嗟のことで答えられずにいると、
近くのおじさんが「まっすぐ!」と教えてあげました。おじさんグッジョブ!

・・・しかし、しばらくするとまた「ここは?」と。 

つまりド忘れしちゃって迷っているのではなく、バスの運ちゃん、全然道知らないんです!
こうなるとバス内が活気づきます。ここがポーランドクオリティ。
どれどれワシが教えてやろうと前の方に人が集ってきて指示の大合唱。

「右!」「はいっ!次のところで左!」
「ここを曲がって家の前で降ろしてくれてもいいんだぜ!」
「わはは!」

なんだか妙な連帯感。なんなんですかね、この非常事態に出るこのポー人気質。
呆気にとられながらも無事大学に着いたのでいいんですが、
迷走バスはそのまま街に消えていきました。

姉。

一昨日、初雪が降ったワルシャワですが、所々まだ雪が残ったまま。
ワルシャワ 雪
教室から見える浄水場もうっすら雪化粧。

=======================
ブログランキング参加中。
妄想暴走!バスは迷走!クリック上等!チェケラッチョ~!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

ランキングカテゴリーが変更されました。しばらくこれでいきます。
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-24

ゴロゴロゴロンカ。

ワルシャワ初雪です。さっぷい!
昨夜、仕事帰りに一杯やろうと向かったのは旧市街にある、
1リットルのビールジョッキで有名なPiwna Kompania(ピヴナ・コンパニア)。

席に着くなり一同は「ピヴォォォ(ビール)!」をオーダー。
Piwna Kompania
「とりあえず生で!」というとエライ大きさのチェコビールPilsner Urquellが出てきます。

小さい方でも0.4ℓ。
チェコビール
右のが1リットルでグラスも厚くて非常に重い!両手持ち推奨。

そしてもう一つ、このレストランが有名な理由が、これ!ババ~ン!
ゴロンカ
ゴロンカ!豚の膝です。49ズロチ(約1375円)。

このゴロンカ、二人でシェアして食べても余ってしまうほど大きいんですが、
迫力満点のボリュームもさることながら、味も申し分ない。
お肉が柔らかジューシーで外の皮がパリパリ!サワークラウトやピクルスをポリポリしながら、
マスタードをたっぷりつけて食べ、ビールをクカーッ!といったらもうその日が疲れなんか
吹っ飛ぶっ!ここのゴロンカはワルシャワで口にするものでも屈指の一品だと思います。

仕事帰りの疲れたリーマンを慰めてくれるのがビールと焼き鳥ならば、
ポーランドではビールとゴロンカなのかと思ってしまうほど平日なのに店内は満席。
ピヴナ コンパニア
途中から生演奏が始まっちゃったり。会話も弾みついつい暴飲暴食。

さて悲劇は夜中起こります。
苦しくて目が覚め、時計を見ると3:33という実に不気味なぞろ目にビビりながらも、
体が重くて身動きがとれない!金縛りならぬゴロンカ縛り。

そうです。完全に胃がもたれて腹パンパンになってました。

涙目になりながら、とりあえずポー式処置を施すことに。眠いよー。苦しいよー。
ポーランド 胃薬
そして夜中に写真撮ってる自分。なにやってんだか。

NO-SPAという胃薬とミントティー。このコンボは最強で本当によく効きます。
特にお薬の方は飲んだ瞬間からスーッとするのがわかるほどの即効性。
帰宅してからすぐ寝てしまったのが悪いんですが、気をつけねば。ゴロンカ恐るべし。

姉。

でも不思議とまた食べたくなるゴロンカの魔力。やっぱり・・・ 恐るべし。

golonka

Piwna Kompania
ul.Podwale 25 [MAP]
http://www.podwale25.pl/

=======================
ブログランキング参加中。
太田胃散といえば・・・ ショパン!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-22

催眠的金管楽器合奏。

エネルギーの塊のような音に思わず体が動いてしまう。
今週末はHypnotic Brass Ensembleのライブで汗だくになりながら、
まさに音楽という起爆剤を全身に浴びるような熱い体験をして感動しました。

彼らがステージに出てきた瞬間、最前列で管楽器の爆風を受け発狂!
Hypnotic Brass Ensemble 1Hypnotic Brass Ensemble 2
実は8人全員実兄弟なんです!

HBE 1HBE 2HBE 3

シカゴ発9人組のスーパーブラスバンド、ヒプノティック・ブラス・アンサンブル。
ストリートミュージシャンとして活動していたのが納得できる、古き良き時代のアメリカの
吹奏行進曲にファンクが加わったようなサウンドを、息の合った8人兄弟が奏でます。

ラップで魅せたり・・・
Rap

ダイブを繰り返してくれたり・・・
Dive

とにかくお客の心をガッツリ掴むのが上手い!
コミュニケーションのキャッチボールを楽しむMCに会場は大盛り上がり。
歌ったり、コールしたり、しゃがんだり、ライター(ない人は携帯電話)点火したりで、
ミュージシャンと一体になって楽しめた素晴らしいコンサートでした。

メンバーが飲んでたビールの銘柄を見逃すワケがない我々。
lomza
ポービールŁomza(ウォムジャ)でした。ナイスチョイス。

やっぱり生の音楽の迫力はスゴイです。
特に今回は電子音楽系が一切なくて、音源から出るエネルギーを直に受けるライブで、
その躍動感に圧倒されっぱなしでした。誘ってくれた悪友Aちゃん、ありがとう!

ちょっと気になったのがアフリカ系ミュージシャンによくある、○間触り。
恐らくずり落ちる腰パンを直すためだと思うんですが、どうしてあそこでするかなぁ。
funk the junk
あっ!また直した!・・・多分そこに元気の源が隠されてるに違いない。


このストリート感は純アメリカ培養。どこか懐かしい。

姉。

palladium

Palladium
Złota 9 [MAP]
www.palladium.art.pl

=======================
ブログランキング参加中。
元気の源さりげなくクリック!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-20

旧共産党本部で踊ってみた。

時代の移り変わりを感じたのがちょっと前に行ったクラブイベント。
Klub55の移転先でTerrence Parkerが回すとのことで悪友らと共に
久しぶりにクラブへ行ったのですが、その住所がなんと旧共産党本部!

新世界通りを歩きロンドドゴールへ。
「こちらでーす」闊歩しながら案内してくれてるシャルルドゴールの銅像が目印。
ワルシャワ ロンドドゴール
その後ろにそびえ立つのが元共産党本部ビル。

オランダ留学中に行った教会が改造されたクラブも衝撃的でしたが、
ワルシャワのまさかこんなところで踊れるとは思いませんでした。

DJのパーカー氏。ヘッドフォンじゃなくて受話器を使ってたのが面白かった。
Terrence Parker
「もしもし?出前頼みたいんですが」 (画像はKarolGrygoruk

クラブの内部が暗くて写真がうまく撮れなかったんですが、
ホテルのホールのような大理石のフロアに60年代の古めかしいバーカウンターがある作りで
まだまだこれから内装を改良してほしいものの、なかなかいい感じ。
箱が広すぎて、ホテルのロビーで踊ってるみたいでシュールでした。

旧共産党クラブ

ちょっと前までは、ポーランド政界を揺るがすお偉いさんたちが出入りしてたんだなぁ。
そんなところでハメ外してるんだなぁ。フヒヒ。

何年も前ですが、実は北朝鮮大使館でも踊ったことがありました。
クラブやオフィスとして又貸しすることによって外貨稼ぎをしていたそうで、
記念に行ってみてお祭騒ぎしてトイレ使って北朝鮮大使館マーキングしておきました。

さて先日このKlub55のある旧共産党本部ビル前を通ってまた驚いた。
一階部分がやたら煌々としていて眩しいと思ったら、
なんとフェラーリディーラーのショールームになっておりました!

フェラーリ 赤フェラーリ 黒
フェラーリがズラーリ。あ、すみません。

当時はまさかこのような高級車が陳列されることになろうとは誰も思わなかったでしょう。
この日はポーランドで初めて、あの007シリーズで有名なボンドカー、
アストンマーチンが街を走り抜けるのを目の当りにしたばかりで、
車体美に心奪われるよりか、ポーランドが裕福になりつつあることに感慨深さを覚えました。

ワルシャワ フェラーリ

民主主義国家になり資本主義を導入して約20年。
ポーランドはまだまだその恩恵を享受しはじめたばかりです。

姉。

Nowy Klub 55
(Dawny Dom Partii)
ul. Nowy Świat 6/12 [MAP]

=======================
ブログランキング参加中。
マルクスもビックリック。あ、すみません。



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-16

ワルシャワ中央駅が(惜しくも)キレイに。

都会の喧騒の中を歩いていると、ふと「くっさー!」ってなる時ありませんか。
こうなんか何万という人の体臭と排泄物と廃棄物が何年も蓄積されたような
熟成したニオイに襲われて思わず呼吸を止めて足早になってしまうこと。

実はあれが結構好きなんです、ポーランドの姉。

歌舞伎町の路地裏とかニューヨークの地下鉄とかにある香り。
あれがワルシャワ中央駅にもあるんです!
ワルシャワ中央駅
正確にはあったんです。

というのも中央駅はワルシャワ市民が忌み嫌う場所で、
なんとか綺麗にしようという動きにとどまらず、駅ごと立て直そうという意見も出ているそうで、
理由は臭くて暗くて醜いからだそう。あくまで友人や生徒に聞いた意見なんですが、
誰一人として好きという人はいません。私は大好きなんですけどね、
あの共産国的な建築様式が。そしてあの香ばしいニオイの立ち込めるワルシャワ中央駅、
この間行きましたら、終にキレイにされ始めておりました!

左半分がまっちろ。ぎゃー!やめろー!
中央駅内部
心の中で悲鳴をあげていたのは、恐らく私一人だったと思われます。

カフェらしき場所に改造されつつある二階奥。
中央駅内部3
実にけしからん。

ホームから上がってくる部分までくっきりビフォーアフター。
中央駅内部2
ここには昔、電光掲示板より古い、パネル式の掲示板があったはず。

まだ汚い反対側は昔の面影を残しておりました。
旧ワルシャワ中央駅
ワルシャワに着くとまずこの薄暗い汚さが目に入る恐怖ったらありませんよ。

ここはどこなの?ポーランドの首都じゃないの?
まさか私はこんなところに住むことになっちゃったの?

そんな不安と後悔の念を味わわせてくれるのがワルシャワ式ウェルカムだったのに。
やはり時代の波には逆らえず、モダンな形相になっていくにつれ、
ちょっと他では味わえないアウトロー的な雰囲気も一掃されてしまうんですかね。

改修工事は2012年に完成するそう。

姉。

次回も移り変わるワルシャワの姿、お送りします。

=======================
ブログランキング参加中。
消臭クリック!シュッ!



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-13

オタクイベント再び。

ちょっと前に生徒に誘われオタクイベントへ行って参りました。
前回同様、コスプレイヤー溢れる熱気ムンムンな中、
マンガ、同人誌、フィギュアなどが売られておりました。(前回の様子はこちら

中にはちょっと怪しいこんなものまで・・・
抱き枕
抱き枕です。日本の文化です。はい。

学校を貸しきって週末の2日間、泊り込みで参加できるイベントなんですが、
コスプレだけでなく、Jポップ限定カラオケ大会、プレステゲーム対決、
日本映画の上映会や真面目なディベートがあったりして、かなり充実している模様。

中には麻雀ルームもありました。
ポーランド 麻雀
日本の大学の部室で繰り広げられてそうな光景。

ダンレボ専用部屋。動きが速くてブレてます。
ダンレボ
手前の子なんか倒れてるし。

もうコスプレ姿の生徒を見ても動揺することはなくなったものの、
前回にはなかった系統のお店に思わず驚倒!

とうとうポーランドにもキタかー!デコ電!
ポーランド デコ電
パーツなども売っててその場で作ってもらうことも可。

携帯やらネイルやらをゴテゴテにしてた在りし日が懐かしい。
ポーランド デコ電2
作業中の女の子に日本語で「カワイイ?」と聞かれて萌えました。

オタクイベント、なかなかディープな世界で行くたびに驚かされます。
ワルシャワに限らず各地で定期的に開かれているイベント。
ポー語ですがhttp://anime.com.plにて開催日程などがチェックできます。

姉。

こんなトコまでジャパニーズ。
和彫り
和彫りの兄ちゃん。

=======================
ブログランキング参加中。
そういえば宅八郎って今なにしてんだろ。



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-11

ポーランド独立記念日とショパン憂国忌。

11月11日は何の日でしょうか?
ポッキー&プリッツの日じゃないですよ。ポーランドの独立記念日です!

そんなんでこの国の素晴らしい自然を謳歌しようと今日は田舎へ行って参りました。
川が氾濫していて野原が水を張ったようになってた。
ショパン的風景
手前の柳も手伝って非常にショパン的な風景。

ショパンといえば、最近参加しました若手会やらパーティやらで
目ざとくピアニストの方を見つけては、いそいそと隣の席へ移動してお近づきになり、
半ば強引にショパコンの話を持ちかけたりしてます、未だに。
被害に遭われた方々、どうもすみません。

そしてなんとショパンに精通している友人からこんな嬉しいプレゼントまでもらっちゃう始末。
ドイツグラモフォンレーベルキター!ありがとう、Aちゃん。
ツィマーマン
「これ聴いとかないと」とさりげなくツィマーマンを手渡してくれた彼女。なんかカッコエエ!

ショパンコンクールでその名を世界中に知らしめたピアニストたち。
生の演奏を聴きたい一心で情報収集に励んでるところですが、
日本では入賞者を一気に聴けちゃう、豪華なコンサートがあるんですね。

このためだけにでも帰国を真剣に考えていたりいなかったり。
ショパン ガラコンサート
羨ましい限りです。

そして『月刊ショパン』なる雑誌も発見。
月刊ショパン
購読したい!ショパンの国には月刊ショパンがない。

あらら。ポーランド独立記念日のことを書こうと思ったのに気づいたら
全くもって関係のない話になっておりました。ショパンって言葉はNGです。話が逸れます。

まずはこちら。8分でわかるポーランドの歴史。CGが下手糞なのも見所。

国家を成す歴史的事象が走馬灯のごとく駆け巡ります。ショパンも出て・・・ あっ。

まさに侵略史と言っても過言ではないほど、幾度となく戦火に洗われてきた
苛烈極まりない受難の歴史がポーランド国家を作り上げているのが見て取れます。
それは一時、国家自体が地図上から消滅するほど壮絶だったにも関わらず、
ポーランドという国が今もなお存在し続けていることに想いを馳せれば、
いかに「独立」という理念がこの国にとって大切であるかが見えてきます。

国を死守することを自明の理とするポーランド。
第二の祖国の独立記念日に想うのは我が国の昨今の尖閣諸島問題への憂いでした。

姉。

ショパンの『革命のエチュード』は祖国独立を掲げた十一月蜂起から生まれた憂国の曲。

=======================
ブログランキング参加中。
どうしても話がショパンにいってしまう。



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2010-11-10

復活!鼻水はパオーンでお願いします。

ご無沙汰しております。ポーランドの姉、生きております!

実は最近お会いした方々に「ブログ読んでるよ~」と口々に言われ、
あまりに恐れ多くてブログ恐怖症になっておりました。

・・・というのは嘘でして、実はそろそろブログという媒体に
自己を表現をするにあたって限界を感じ始めておりました。

・・・というのももちろん嘘でして、ただ単に風邪をひいて
床に臥しておりました!

まだ本調子が出ず、情けないことに鼻声で教壇に立っている毎日ですが、
徐々に回復しつつあるので、ブログの方もぼちぼち復活させていこうと思っております。

風邪って厄介ですね、それにしても。蔓延してますからね、今。
生徒喜ぶ休講連絡を学校に入れ、布団にくるまりながら仕事っぽいことをしてたんですが、
誕生日に買ってもらった仕事用の軽量ノートパソコンが寝ながらの作業に
思いのほか役に立ちまして、ポー旦那に感謝感謝。
・・・と思っていたら、なんと旦那に風邪が飛び火してしまいました。スマン。

今現在、我が家は鼻水星人二人がはくしょんしたり、じゅるじゅるしたり、
パオーンしたりしています。 ※パオーンは鼻かむときの音です。

そしてさらに厄介なのが、こんなところにもある文化的打撃、別名カルチャーショック。

街頭インタビューを実施したワケではないけれども、
人前で鼻から洪水が起こった時の対処法として:
 1)鼻をすする
 2)鼻をかむ

この二択があった場合、日本人なら迷わず1番をピンポンしちゃうんじゃないですかね。

ブッブー!ハズレです。実はポーランドでは大ご法度!とんでもないマナー違反なんです。
反射神経的にちょっとでも「じゅるる」となるやいなや、即座にティッシュを差し出されるほど。

今すぐ鼻かめと。盛大にかめと。目の前でいいから兎にも角にもかめと。

これは慣れるまでは日本人として、いささか ありがた迷惑 心苦しい心遣いですが、
とりあえず非礼を詫びてティッシュを頂戴して、やはり日本人流に
部屋を退出するなり、隅っこに避難するなりして、鼻をかもうとするようなもんなら・・・

「どうして逃げるん?」と付いてこられたことがありますからね、ポー友達に!

そうなんです。人前で鼻をかむことには特段に不快感を示さないポー人。
こそこそしないで堂々とかめや!と背中バチコーンされる勢いで
鼻かみ晒しを奨励されました。

姉。

今では慣れっこになってしまって日本人の前でかんでしまいギョッとされます。
使い分けないと。

=======================
ブログランキング参加中。
更新を怠るとランキングがこんなことに・・・怖いもの見たさでどうぞ・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新頑張ろうっと!クリックありがとう!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。