ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 2011年01月

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-24

本屋ビストロ。

いよいよ今学期も残すところ一週間。大詰めでっせぇ。
楽しみだったカラオケやお食事へのお誘いも断り続けねばならず、
週末もこもりっきりでPCに向かい、心がやさぐれ気味の自分を見かねてか、
ポー旦那が結婚記念日をお祝いしようと外へ連れ出してくれました。

いやしかし。結婚記念日っていつだったかしら。
ポーランドのお役所で婚姻届を出すとともに証人と家族参加の小さな式典を行い、
日本へ渡って教会で式をあげ披露宴をして、再びワルシャワで結婚パーティをやったので、
記念日がありすぎていちいちお祝いなんぞしてられなかったんですが、
まぁ美味しいものが食べられればいいか!細かいこたぁいいんだぜ!

ということで、前々から気になっていたOpasły Tom PiW(オパスウィトムピヴ)へ
行って参りました。訳すと「分厚い一巻」という意味です。
ここは以前行ったポーランド式モツ料理のお店の経営者が開いたビストロで、
60年代には多くの文化人が集うカフェ兼本屋さんだった場所。
PiWは今もポーランドを代表する出版社であります。

未だに本屋の面影を残した店内。
Opasly Tom PiW
実際本を買うこともできます。

メニューにも本のテーマが見られます。
menu
ワインテイスティングができる6皿のコース料理128ズロチ(約3700円)をいってみました。

偶然にもポー旦那が大好きな70年代ファンク&ソウルミュージックがかかる中、
まず出てきたのはサーモンペーストのカナッペ。横にちょこんとついてるのは
洋風にアレンジされたワサビ。これだけでも舐めていたいほど美味。
カナッペガチョウスープ
そしてプラムと野生マッシュルームを詰めたラビオリが浮かぶキノコとガチョウスープ。

ほうれん草とオイスターマッシュルーム(平茸)のサラダ。
サラダ
クミンとガーリックマヨネーズ、甘酸っぱいラズベリーソースとチャツネが使ってあります。

いやいや驚いた!難しいことを語れるほどツウではないけれど、
量だけ多くて大味な海外グルメライフに慣れてしまった舌をうならせる緻密な構成のサラダ!
全てのパーツがそれぞれの味を主張しながらも素晴らしいハーモニーを奏でておる。

気分はすっかり『美味しんぼ』になったところで、メイン登場。
スズキ
グレモラータのかかったスズキとメープルシロップでキャラメル化されたチコリー。

お次は豚ロースに生ハムとアーティチョークなど。
ロース
とても柔らくてしつこくないお味。

お魚とお肉の間に箸休め的なアイスを出してくれました。
梨アイス
梨の手作りシャーベットだったんですが、これがもう人を無口にさせるほど美味しかった。

チーズと木の実ペーストのプレートにワインが進む。
チーズ各種
お腹一杯です。

でもデザートは別腹。
デザート
レーズンアイス、バニラの香りが詰まったプリン、濃厚なチョコムース、トロトロのティラミス。

6皿以上出てきたこのコースメニューはどれも小さな分量なんですが、
本当に細部までシェフの心意気が感じられて正直ポーランドのグルメも
ここまできたかと感心させられるばかりでした。ワインも美味しくて苦しいほどお腹一杯!

久しぶりに素晴らしく豪華なお食事を満喫して心もお腹も満たされ幸せの至極。
ワインはグラス2杯だけにして良い具合にホロ酔い気分に浸り、帰路に着きました。

姉。

オパスィトム

Bistro Księgarnia Opłasy Tom PiW
ul.Foksal 17 [MAP]
月~金 10:00-23:00 土日12:00-23:00
http://www.kregliccy.pl/opaslyTom.php

=======================
ブログランキング参加中。
美味しい食事とクリックで疲労回復。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-17

眠れない夜に。

今日は一年の中で最も鬱な日、ブルーマンデーだそうです。
クリスマスや大晦日という一大行事も終わり、そろそろ新年の抱負も投げやり気味になる頃、
先を思えばただただた寒い日々が続くばかり。雪も飽きたし、風邪やインフルエンザは
流行ってるし、春はまだまだ数ヵ月後のことだし・・・ どよよーん、となるワケです。

実際どの月曜日が本当のブルーマンデーなのかについては諸説あるそうで、
毎週月曜病になる人もいるそうですが、期末試験シーズンまっしぐらな自分にとっては
仕事の忙しさも相まって、今のこの時期は相当辛いものがあります。
一人語りシリーズの「ワルシャワの冬」なる鬱状態に陥ったのもちょうどこの頃でした。

そしてこの時期よくあるのが、疲れすぎて眠れない。これです。
一日中忙しくしていて体は疲れているはずなのに、
頭がフル回転しっぱなしで、横になっても冴えてるまんま。
次の授業のことや試験のことなどお呼びでないのにアイディアが次々と浮かび、
イライラの最高潮に達しては頭同様、寝返りも高速回転で布団がねじれっぱなし。イラッ!

こんな時はウォッカでもカーッと飲んで寝る手もあるんですが、
実はアルコールを飲むと寝つきは良くなるものの、眠り自体は浅く、疲れは取れないそう。

そこで頼りにしているのが、これ。
メリッサ
メリッサ(レモンバーム)のハーブティー。

神経過敏や不眠症の改善に効果があり、消化不良や胃痙攣などにも効くとあり、
試しに飲み始めたんですが、ハーブティーだとは思えないほど、
ぽわわ~ん&とろろ~んの境地に誘ってくれます。そのままでも飲みやすい味なんですが、
お気に入りはオレンジ入りのシトラス風味。ゆっくりマグカップに煎れて飲めばぐっすり快眠。

・・・でもね、お茶じゃどーしょもない時もあるんです。

そこでもっと強力な助っ人に頼りたい時はこれ。
メラトニン
日本ではまだ馴染みの薄いメラトニン。

日本に帰国した時などの時差ボケ対策にも使っているサプリメントなんですが、
メラトニンは体内で作られているホルモン物質で、睡眠導入作用があるんです。
免疫系にも効果があり、抗発ガン性もあるそうですが、何より睡眠薬ではないので、
常用性があったり耐性がついたりしないのが利点。体内時計のリズムを整えてくれます。
ポーランドやアメリカでは普通に薬局で売られてます。

さて、久しぶりにブログも書けたことだし、ビールでも飲んで寝ることとします。

姉。

やっぱりこれが一番好きなリラックス法。

=======================
ブログランキング参加中。
羊が一匹・・・ クリックが一回・・・ zzzz・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-11

教え子に教わるビゴスの極意。

こんな至らない教師でも年月を重ねると生徒からプレゼントを頂戴する機会に恵まれます。
お花やカード、手作りアクセサリー、果ては「小さな腹ペコ」くんなどプレゼントされまして、
授業後に皆が解散してから一人密かに嬉し涙で袖を濡らすことが過去にありましたが、
先週の金曜日はマヨチュッチュ事件以来の衝撃を受ける出来事がありました。

「先生これ」と言われて生徒のリュックから出てきたのは・・・ 
ポーランド ビゴス
瓶詰めbigos(ビゴス)!これは前代未聞。もらったことない!

サワークラウトや燻製ソーセージなどを数日間煮込んで作る
ポーランドの伝統的家庭料理ビゴス。このビゴスはクリスマスにも食卓に上がります。
しかしクリスマスイブは肉類厳禁のポーランドの食卓ではビゴスも無論、肉抜きビゴスとして
登場するんですが、これはただ単に肉を入れないビゴスだろうと、生徒前に言ったが最後。

断じて違う!と抗議を受けました。全く別の料理だとお説教されました。
チャーシュー麺チャーシュー抜きとか、牛丼特盛り肉抜きとかの類ではないそう。

それを証明すべくピヨートル君、なんと「通常ビゴス」と「肉抜きスペシャル」を持参。
「とにかく食べてみるべし!」という運びになったワケです。実にかたじけない!

早速帰宅してから試食タイムです。
ポーランド ビゴス2
左が肉抜き。右は通常。

いやね、もう香りからして全然違う。完全に敗北です。
サワークラウトの煮物なんて全部一緒だろうと高をくくっていたのが間違いだった。
通常ビゴスは燻製された肉と酸味の効いたサワークラウトが合った絶妙な一品なのに対し、
肉抜きスペシャルは野生キノコの芳醇な香りとアマニ油と大麦が入ったまろやかなお味。
肉抜きビゴスは「ビゴス」ならぬ別物だということを思い知らされました。

このビゴス、いわばポーランドでいう母の味です。
日本人にとっての味噌汁のようなもので、家庭によって全然味が違うのも面白いです。
ピヨートル君の御家庭のビゴスはポー旦那の実家のそれとはまた違って、
いつも食べ慣れている酸味と苦味が強いビゴスではなく、非常にマイルドなお味。

週明けの授業で早速ビゴスの奥義に啓蒙された旨を伝えました。
実はビゴスにはトマトや蜂蜜、プルーンを混ぜて作るものもあるそうで、
バリエーションに富んだお料理なのでした。ポーランド料理まだまだ奥が深い!

ピヨートル君、ピヨートルのお母様、ご馳走様でした!ありがとう!

姉。

こんな美味しい思いをしちゃって他にもいろいろ物議を醸すクセがついてしまいそう。
ビールなんて全部同じじゃない?ピエロギなんてどれも同じよね?・・・なーんてね。

=======================
ブログランキング参加中。
ぞろ目クリック!1111!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-07

危ないポイ捨て。

もう恒例になりつつある我が家の四足歩行ゲスト、太郎くん
しかしなんと今回の太郎くん、あんよにお怪我してるんです!

というのも年明けのワルシャワの街路は、打ち上げ花火や酒瓶が持ち帰られることなく
いたるところに散乱しているため非常に危険。雪も積もっていてあまりよく見えず、
太郎くん、運悪くガラスの破片を踏んづけてしまったよう。肉球を何針か縫ったそうです。

自分も子供の頃公園で、ビール瓶の破片の山に突っ伏してしまって、
膝を何針か縫ったことがあるので太郎くんの気持ちはよくわかる。よしよし。
余談ですがこの時、アメリカに駐在していた両親は膝から血飛沫を上げる自分を車に乗せ
ニューヨークのセントラルパークから病院まで赤信号を全無視して車を突っ走らせたそう。
記憶に残る、幼少期のトラウマ。

さて今回のお泊り太郎くんは、お散歩日課以外に、
抗生物質の注射をしてもらうため動物病院へ行くことに。

初めて近所のクリニックに足を踏み入れました。
ポーランド 動物病院
受付の方をじっと見つめる太郎氏。

この時ちょっと驚いたのが、3匹連続で足に小さな包帯をしたワンコたちが入ってきたこと。
待合室で待っている間、気になったので話しかけてみるとやはりそうなんです。
年明けのこのポイ捨て三昧な歩道でガラスで足を切ってしまったワンコばかり。
獣医さんも「ここ数日多いんです、足の怪我」と仰っておりました。

本当にどうにかなりませんかね、ポイ捨て。
ちょっと雪解け気味な今日なんか、ニュースになるくらい道端がつるっつるで、
人間様も転んで手や脚のつきどころが悪かったら本当に危ないです。

緊張したけど包帯交換と注射も無事終了。
ワルシャワ 動物病院
「ママ、ぼく頑張ったよ!」 by太郎。

姉。

雪が解けると解凍された「落し物」も散乱してて悲惨です、ワルシャワストリート。

=======================
ブログランキング参加中。
ポイ捨て禁止!クリック推奨!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-05

ポーランドで日食。

昨日のことですが、ほげーと朝食をとっていたところ
日食現象が起こっているとテレビ中継が流れました。急いで窓の外を見ると・・・

生まれて初めて目にした日食!
ポーランド 日食
次ポーランドで観測できるのは2026年だそう。

2026年、果たして自分はどこでどんな暮らしをしているのか想像もつきませんが、
少なくとも今年は自分の人生設計を改めてしようと思っております。

海外にいるからこそ味わえる非日常というものは、なかなか難しいもので、
ポーランドだからこそいろんな可能性があることを意味すると同時に、
ポーランドだからこそ逃げ続けられることも意味するんだと思います。
つまり甘えようと思えばいくらでもピーターパンでいられる危険な場所でもあるわけです。

就職、転職、結婚、引越し。
人生の転機となるような節目を迎えることで常に成長している手ごたえを求めていましたが、
2011年は特にすることがなくなってしまい、手持ち無沙汰感が否めない今、
このまま減速することだけは避けたいのが本音。

新年の抱負はありませんが、新たなチャレンジを求めていろいろ模索中です。

姉。

そんなことを思いながらほげーと朝食に戻る日常。

=======================
ブログランキング参加中。
ピーターパンよりはアリスでいたい。うさぎ年だし。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-04

ポーランド式マヨチュッチュ。

良くポーランド土産にKrówki(クルフキ)を買います。
海外住まいのポー友達を訪問する時に喜ばれるだけでなく、
生キャラメルのような味が日本人の口にも合うと思います。

周りのサクサク感が強いものから中のとろ~り感重視のものまで、いろんな種類があります。
krowki
左側はチョコ味。あまり甘すぎず後引きます。

さてなぜ新年早々クルフキ話かというと、年明けて授業が再開された大学での出来事で。
授業中は基本的に食事は控えるよう生徒に言ってあるんですが、
ドリンク類やガム、飴、チョコなどは大目に見ていました。
特に「先生もお一ついかが?」と言ってくれる心優しい生徒もいるので、クルフキも然り。

しかしホワイトボードに例文を書き出してから振り返ると、
教室の後ろの方の生徒が思いっきりマヨチュッチュしてるではありませんか!

慎吾ママがよくテレビでやってたマヨチュッチュ。
チューブに入ったマヨネーズを容器から吸い出して食べるといういかにも体に悪そうなアレ。
自分もご飯のおかずにマヨネーズを食べちゃうほどの大のマヨ好きなんですが、
マヨチュッチュはない。あれはない。

それをポー生徒がやってる。しかも授業中。唖然。

突っ込まずにはいられず冷静を装いながら「君、何をやってるのかね」と問いただすと、
「クルフキです」と学食で買ったそれを見せられました。マヨネーズじゃなかったことに安堵。

もちろん授業を終えてから直行です、学食に。
クルフキ
正体はこれ!チューブに入った液状クルフキ!

これがいやその、実にウマイ!クルフキのトロトロ感だけが持続する至福の一品じゃないの!
スマイル
でもやはりチュッチュには抵抗があるのでトーストに塗ったらとても良い感じ。

生徒には内緒でハマってます。

姉。

でも授業中はクルフキチュッチュ禁止。

=======================
ブログランキング参加中。
改めて明けましておめでとうございます!おっはー!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-01-01

一期一会を大切に。

明けましておめでとうございます。

昨年はネットでもリアルでも様々な出会いに恵まれた一年でした。

その出会い一つ一つに感謝を込めて、どうもありがとう。

ポーランドの姉


今年もブログ『ポーランドの姉』をよろしくお願いいたします。

姉。


=======================
ブログランキング参加中。
2011年 イイとしクリック!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。