ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 2011年04月

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-28

募金活動に携わって思ったこと。

「平穏な日々」というのは恐らくどこにいても大体似たようなものなんだと思います。
しかし今回のようにその「平穏」が覆された時、それは被災地いる方々、
日本にお住まいの方々、そして外国にいる者とでは当然対応が違ってきます。
今日は募金活動をするに際し、直面した葛藤について。

3月11日、私は地震速報が朝のニュースで流れるのを横目に大学へ出勤しました。
教室の準備をしつつも携帯は鳴り続け、友人や生徒らから深刻な被害状況を徐々に
知らされる中、世界が引っくり返ったような気持ちで帰宅しました。
その後は、家族への連絡や友人からの電話、ネットニュースを必死で追いながら
週末を過ごしたように記憶しております。生きた心地がしなかった。

数日経過した時、ポーランドでも義援金を募ろうという動きが起こったわけですが、
当時その筆頭に立ったのが在ポ邦人だったことに、実はちょっと躊躇いがありました。

まず第一に、平均月収が日本の半分にも満たないポーランド人に対し、
先進国である日本を援助してくれるよう我々日本人が訴えかけることに
果たしてどれだけの意義があるのか。
だったら自分でさっさと募金した方がいいと思いました。

ポーランドで以前、日本人観光客役としてCMに出演したことを思い出しました。
その時のギャラは、自分が日本人だったからこそ儲けさせてもらった泡銭。
ならばお国の役に立ててもらおうと、全額を義援金として寄付しました。

実際ポーランド人の大半は「日本はお金持ちの国」だと認識していると思います。
震災の様子は酷いけれど、立ち直れるくらいの経済力があるはず。
日々の生活で精一杯なのに、支援などする余裕はないと思っている人は少なくない、
それがポーランドの世論だと知りながら、なお経済的援助を募ることになるのは
心苦しいと当初は思いました。ポーランド人が自主的に寄付するならまだしも。

「個人の貯蓄率が高い日本は援助がなくても復興できる」
在ポーランド日本大使
我が大学で行われた講演で、在ポ日本国の楠本特命大使のお言葉。

さて、ワルシャワで私が知る限り発起した募金活動は3つ。
ワルシャワで街頭募金を行い、被災した地方自治体へ直接寄付する
『共に日本を建て直そう』グループ、Odbuduj z nami Japonię。
クラシック音楽のチャリティコンサートをワジェンキ公園で行い、
赤十字へ寄付する『千羽鶴』グループ、Tysiąc Żurawi。
そして当ブログでも書いてきた、チャリティコンサートと文化イベント、
折り鶴リレーなどを行い、ポーランドの人道的活動団体PAHを通して支援する
『万羽鶴』グループ、Milion Żurawi。

第二がこれ。他国と比べ邦人が少ないワルシャワでさえ、こうして三手にも別れて
支援活動が行われた所以は、図らずとも様々な思惑があったことは否めません。
「どうして一致団結しないの?」ポーランド人からは、そう問われることが多だありました。

被災地を支援するにあたって、活動形態や募金先が多種多様なのは自然なことで、
逆に健全とも思う反面、個人的な時間の制約や信条からどれか一つの募金活動に
加担するとなると心無いことを言われました。
『万羽鶴プロジェクト』の一環として行われた文化イベントに対して、
「一つ一つの空間が感じられないごちゃごちゃしたものにはしないでください」とか、
「寄付先が気に入らないから協力したくない」だとか。井の中の蛙とはこのこと。
この場に及んで水を差すようなこんな批判をするなんて、本当に酷いと思います。
日本人特有の村意識をそっくりそのままポーランドに持ち込んだような
そんな嫌な部分がこうした誹謗中傷に滲み出てる気がしました。

個人的に携わる機会があったのは『万羽鶴プロジェクト』だったわけですが、
この2点を踏まえて、なおこの募金活動が有意義だったと思う理由を少し。

『万羽鶴プロジェクト』は日ポハーフの兄弟と日頃から仲良くしている悪友Aちゃんが
発起人でした。他の募金活動とは違い、日本を支援したいと思う
親日のポーランド人を結集させようと動いた彼らに同意する形で多方面から
多くのポーランド人が集ってプロジェクトは一気に前進し始めます。

ラジオやテレビでの宣伝に始まり、大学、企業などのスポンサーを探し当て、
ポーランド人アーティストらの承諾も頂き、10日という短時間であれだけの企画を
実現できたのは、多くのポーランド人仲間の協力があったからに他なりません。
睡眠時間を削り、それぞれ多忙なスケジュールをこなしながらも、
常に一歩先を行く形で精一杯プロジェクトに打ち込む彼らに胸打たれました。

わたくしも、大学の教員としてお声をかけて頂いたわけですが、
兎に角「被災地を支援したい日本人を支援するための」募金活動だけには
したくないという心情が切にありました。つまりポーランド人が主体的に支援する、
そのような活動の場を設けるためのお手伝いと心得て協力させていただきました。

ポーランドで集る義援金は世界的に見たら微々たるものに違いありません。
しかしだからといって今回の震災を目の当りにして動かずにいられないと感じた
ポーランド人はたくさんいるはず。募金額も大切ですが、一団となって被災地を
想う気持ちを共有し、手が届かないながらも、経済的には及ばないながらも、
それでも弔慰を表す場を共に持つ事の意義は、ポーランドに住む一日本人として
くみ取るに値する最低限なことと思い、賛同させていただきました。

チャリティコンサートや千羽鶴リレーを開催した裏には、このような想いがありました。
特に大学で仕事をさせて頂いている自分は、必ずしも裕福ではない学生らに対し、
募金活動の旨を伝えるにあたって詳細の注意を払う必要がありました。
しかし共に折り鶴を作りながら、一日でも早く日本の方々に元気になってもらいたい、
そう願うことは我々一緒であり、その共感こそ国際交流という場に相応しい支援だと、
金銭以上に大きな意味を見出せた活動内容に納得し参加しました。
もちろん寄付金も確たる額が集ったからこそ大きな声で言えることなのですが。

原発の問題も解決せず、日々ある余震に不安を抱く日本に在住の皆様方には
遠い国に平和に暮らす者たちの戯言のように聞こえるかもしれません。
確かにポーランドに暮らす日本人として現状をつかむことは日々難しくなっております。
しかし先述した通り、「平穏」を覆された人間は、その置かれた場所によって
受けた「傷」も違ってくるなら、その癒し方も違ってくるということがあります。

3月11日、我々の住む世界は確かに変わってしまいました。
そしてポーランドではポーランドに住む者としての対応の仕方がありました。
他者を助ける名目で己の傷を癒そうとすることが「自己満足」というならば、
それは単純でありながら、実に人間的で自然な営みなのかもしれません。

今日のブログエントリー、様々な思惑を煩い、
重い腰を上げて書きあげた長い文章になってしまいましたが、不鮮明なところは
そのような空気があったことをご了承の上、読破してくださったこと、感謝いたします。

海外住まいは長いと自負する姉ですが、自国の緊急事態に押され、
外国の方々に助けを求めたのは初めてのことでした。

姉。

そしてそこには確かに、手を差し伸べてくれる人がいたことに救われました。

=======================
ブログランキング参加中。
久しぶりのブログ更新。応援クリックお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-04-10

Milion Żurawi(万羽鶴) 文化イベント。

Milion Żurawi(ミリオン・ジュラヴィ)と称して行われた一連の募金活動の
最終日は文化イベントで締めくくられました。場所はSkwer

始まる前からそこは既に和の空間。
ポーランド 盆栽ポーランド 盆栽2
盆栽が飾られておりました。

各テーブルにはゲームコーナー。
花札囲碁
花札に囲碁。

将棋と麻雀。ポーランドには将棋リーグなるものがあるんですね。
将棋麻雀
麻雀にいち早く興じておられるポー女性4人組。

様々な「出店」も並びました。ご協力頂いたお店が沢山の商品を寄付してくれました。
出店
陶器やら小物、茶葉、アクセなど。売り上げはもちろん全額寄付です。

非常に好評だった折り鶴ピアス!私も思わず買ってしまいました。
折り鶴ピアス
K御夫妻「壊れたらまた折ってくださいね」と。お茶目です。

賑やかな雰囲気の中、日本舞踊、剣術、合気道などの催しがあり、
始まると同時に皆さん、舞台前に席を取り会場が静まり返りました。
この程よい緊張と緩みの繰り返しがまたいとおかし。

文化イベント2文化イベント

剣術と合気道。
剣術合気道
スゴイ音と共に床に投げられまくってました。

日本舞踊とお着物の着付け実演。
着付け日本舞踊
この文化イベントを総括してくれた梅田花さん。妖艶とはこのこと。

実はちょっと弟子入りしたくなってしまいました。
日本舞踊2能
右は我が大学は能の研究者、K教授。当たり前ですがいつもの雰囲気と全然違う!

お茶立てを体験できるコーナー。みんな真剣です。
茶道書道
要望に応えて好きな文字を書いてくれる書道コーナー。「日大」じゃないよ。

お寿司が食べられたり、折り鶴ももちろんここでも勃発。
寿司折り紙
でも全然違うものができあがってたりして・・・ 折り紙の域を超えてる。

家族連れの方が多く、大盛況だった文化イベント。やはり日本文化強し。
万羽鶴プロジェクトとしての募金活動はひとまずこれで終了。
多くの方が訪れて下さり、募金に協力していただきました。
一日本人として大変有難いです。皆様、本当にありがとう。

姉。

実はまだ沢山の案が出ており、広がりを見せております。

=======================
ブログランキング参加中。
折り鶴が足りなかったりして・・・ 生徒もまだ折る気満々。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-04-06

Milion Żurawi(万羽鶴) チャリティコンサート。

金曜日、ワルシャワのFabryka Trzciny(ファブリカ・チチニー)という
クラブ兼アートスペースでチャリティコンサートが行われました。
発案から、協力してくれるアーティスト、会場やスポンサー探し、そして告知まで
全て2週間弱という短時間での決行だったにも関わらず、
たくさんのお客様がいらして下さりました。

スズキを始め、大学などが共催してくださいました。
スズキスポンサー
ポーランドを代表するチョコメーカーのヴェデルも。実はロッテが親会社。

多彩なアーティストたちが全員ギャラなしで出演了承。
アンナマリアヨペック
ポー旦那もファンであるAnna Maria Jopek(アンナ・マリア・ヨペック)。

しっとりしたサックス、激しいドラム、ソウルフルなアカペラ、全てが素晴らしかった。
チャリティコンサート
マイクスタンドには折り鶴が。心は日本にあり。(画像元Visario Press

再三言うようですが、入場料は全額、被災地に宛てられます。
そしてそれとは別に会場で寄付をしてくれたり、スポンサーを申し出てくれる方もいて、
心温まる一夜でした。

支援団体Polska Akcja Humanitarna(PAH)と協力して
実現したMilion Żurawi(ミリオン・ジュラヴィ)の一連のイベントですが、
チャリティコンサートにはPAHの創設者でポーランドで著名な人道活動家でもある
Janina Ochojska(ヤニーナ・オホイスカ:右)氏も参加。

オホイスカ
ステージで日本への熱いメッセージを届けてくれました。

そして何とここでも折り鶴フィーバーが炸裂。
折り鶴折り鶴2
急遽指導に当たってくれたワルシャワの父ラッシー。私も羽ばたく鶴を教わりました。

テレビ取材に応じるみんな。
メンバー
僅かながらも彼らと同じプロジェクトに携われたことを光栄に思います。

6時間に及ぶコンサートは無事終わりました。
水面に波紋が広がるように、この震災が世界に及ぼした影響、
それに何らかの形で応えようとしたポーランドに住む我々。

参加してくれた方々、応援してくれた方々、
皆様と共に被災地を支援する機会が与えられたことを深く感謝いたします。

姉。

次回は文化イベント編。

=======================
ブログランキング参加中。
ワルシャワでも桜が咲く季節。少し物悲しいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-04-03

我が学び舎で折り鶴リレー。

Milion Żurawi: Pomoc dla Japoniiの一環として
各地で開催されている折り鶴リレー。大学では木曜日に行われました。
イベントを通して募金を募ると共に、集った折り鶴はスポンサーが買い取ってくれ、
それも被災地への募金となる企画です。もちろん各自、折り鶴持ち帰りもOK。

告知も折り鶴付き。授業の合間に貼って周る怪しい英語教師一人。
Milion Zurawi PJWSTK
ポスターを貼ってるのを見てその場で募金を手渡してくれた生徒もいました。

ブログblossom of lifeのKOHちゃんがプレゼンを作って主導してくれ、
震災の様子や鶴の折り方、BGMまで用意されたその徹底ぶりに脱帽。ありがとう。

ちびっ子もご両親と共に参加。
right earleft ear
パパの耳たぶオーライ!ママの耳たぶもオーライ!

放課後スタートしたイベントですが、なんと思った以上に人が集ってくれて、
用意した部屋に入りきらない状態に。生徒だけでなく、日本人留学生、
外部からも参加してくれた老若男女で熱気ムンムン。

PJWSTK room 130

急遽、大講堂へ移動することになりました。
PJWSTK aula
皆さん真剣そのもの。

生まれて初めて折り紙に挑戦する人も多数いて、
即興で指導に当たる人も現れ、ポー語、日本語、英語が飛び交う中、
沢山の折り鶴が集りました。

みんなの想いがぎっしり詰まった箱。これとさらにもう一箱分完成。
Zurawi
責任を持って義援金としてお届けします。

Pray for Japan from Polandの方も来てくれ、
みんなで日の丸へ寄せ書きをしました。
Pray for Japan
我が生徒の日本語も上達しておる。

教授が生徒を連れて一緒に参加してくれたり、部屋を手配してくださった事務の方、
日本語の先生なども来てくださいました。プロ顔負けの機材で写真を撮ってくれたり、
お部屋の片付けなども率先してやってくれた、全ての方に感謝。本当にありがとう。

ちびっ子パパのアダムさんが撮ってくださった集合写真。
Solidarity
ここにいる全ての方が日本の再興を願っております。

姉。

次回はチャリティコンサート編です。

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランド、やっと春です。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。