ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 2011年09月

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-30

ポーランド人におごってもらおう!

「相談者は、平和ボケしたジャパニーズ。
そんなヤツラをズブ★ロッカーが、ぶった切る!」

過激なスローガンをかかげてやってきました、ポーランドを代表するウォッカ、ズブロッカ!
ちょっと柄の悪いイカしたポーランド人10人が、タメになってるのかなってないのか
よくわからん実にポー味溢れるアドバイスで日本人の悩みに応えてくれております。

ズブロッカ
日本向けのズブロッカPRサイトにて。

ズブロッカとはポーランドに生息するヨーロッパバイソンが食べるバイソングラスという草を
漬け込んで香り付けしたウォッカで、日本でも売られているのを目にしたことがあります。
このズブロッカが今回新しいキャンペーンを展開している模様で、
サイトに書かれた指定店舗に行き、10人のチョイ悪ポー人の中から一人を選び、
「○○がおごってくれるって言ってた」と言うと本当に無料で一杯飲ませてくれるそう。

たとえばトラック野郎のマレック。

こういうポー人いるいる!

ホームページの動画がいちいち秀逸でポーランド臭満載なんですが、
驚いたのが「ヤレックバー」というズブロッカのカクテルレシピを紹介しているコーナー。

実際ワルシャワの某バーで働いていた知人が出てる!

 悪 ワル大の日本学科の学生の彼、近々日本へ留学する予定です。

姉。

姉に似て呑み助な三女よ。日本にいながらポーランド人におごってもらってはいかが?

=======================
ブログランキング参加中。
クリックしてくれたら姉のおごりだっ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-29

秋のヴィラヌフ。

秋晴れが続いております、ポーランド。
そんな中、来週からはいよいよ新学期がスタート!
意を決して申し込んだポー語レッスンも同時に始まる予定で、
再び忙殺される前に優しい秋の日差しの中、ヴィラヌフ庭園を散策しに行きました。

ヴィラヌフ宮殿

おなじみのWilanów(ヴィラヌフ)宮殿はワルシャワ屈指の観光スポット。
夏のハイシーズンの人混みを避けたこの時期に訪れるのが好きで、
お決まり入場料の5ズロチ(約115円)を払い、お城をスルーして庭へ。

改築工事が終わったばかりの庭園内。
ヴィラヌフ庭園ヴィラヌフ バラ
バラが咲いてました。来年の春にはもっと多種多様なお花が見れるはず。

平日だったのもあり、一人王様気分を味わえるくらい人がまばらでした。
ヴィラヌフ
腰に手をあて浮かれポンチな石像をマネて散策するも良し。

突如として現れる池。
池ヴィラヌフ川
鏡のような水面をたたえた静かな川。

小川が流れていたり。
小川散歩道
紅葉の始まった木々を潜り抜けるように散歩道があったり。

ヨーロッパのトルコ侵略を撃退したこととポーランドの黄金期をもたらしたことで
今でも親しまれているヤン3世ソビエスキ王によって建てられたヴィラヌフ宮殿と庭園は
ベルサイユ宮殿のような華やかさに欠けるものの、それが逆に親しみやすく穏やかで
どこかホッとさせられる佇まい。のんびりと釣りを楽しむ人やアヒルや白鳥を眺めながら
ベンチに腰をおろして平和な光景にしばし時間を忘れてまどろむのもいとおかし。

ポーランドに原生する通称「赤リス」さんが冬支度に忙しく飛び回っていました。
赤リス
お腹が白くて小柄。カワイイ。

目一杯充電した夏休みを終え、これから一仕事挙げる時期がまた始まります。
それと同時に訪れるポーランドの厳しい冬。自分の力の及ばぬ所で
常に動き続けている現状に打ち勝つか否か、己の道を貫き通せるか試される中、
向かい入れる準備を心に従え、新たな決心を胸に憩いのヴィラヌフを後にするのでした。

姉。

Muzeum Pałac w Wilanowie
ヴィラヌフ宮殿と庭園 [MAP]
www.wilanow-palac.pl

=======================
ブログランキング参加中。
浮かれポンチ上等!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-25

日本のインスタント食品の素晴らしさを語るうちに机をデコってた。

外国に住むようになって初めてわかる日本の良さ。
これをテーマにしたらブログどころか本が数冊書き上げられるほど、
これを酒のツマミにしたらポーランドで鍛え上げられた酒豪も数人潰せるほど、
それほど枚挙に暇がないってもんですが、恐らく誰もわかってくれないのが、
日本のインスタント食品のパッケージの素晴らしさ!これです。

言わずもがな中身はね、世界一美味しいですよ。そしてそれを可能にしている技術!
日本のインスタント食品ほど高度な技術を駆使して作られている食べ物はないと
思ってしまうほど、温めるだけでお肉や野菜がゴロゴロ入ったカレーができちゃうし、
お湯を注ぐだけでフリーズドライされた具材が蘇ってラーメンや汁物ができちゃうし、
真空パックされているだけで生の素材が常温保存可能になっちゃってて、もう夢のよう!
これほどまでに多岐に渡って即席化されてる食文化もそうないと思います。

そんなんで、一時帰国から戻る際や家族が送ってくれる有難い小包には
日本の味を手軽に楽しめるインスタント食品は欠かせないものになっているワケですが、
手順通りに楽しく作って懐かしみながら美味しく頂いた後にすることと言えば・・・

素敵なパッケージを心行くまで眺める!
インスタント食品
これはチャーハンの素。この色鮮やかな箱一面に描かれた世界にしばし酔いしれます。

わかってます。多分こんなことしているのはポーランドで私一人だけだと思いますが、
それにしてもこの使用料理例とされる写真の美味しそうなこと!
そして心躍る派手なフォントと所狭く散りばめられた謳い文句!
裏も実に事細かく作り方が記されており、全てにおいて詳細な配慮が感じられる!

「開封時、袋のフチで手を切らないようにご注意ください」とか、
「調理時・飲用時のやけどには、充分ご注意ください」とか、
「○○等を添えますとより一層美味しく召し上がれます」とか、
「こちら側のどこかれでも切れます」とか!

インスタント食品に示された行き届いた心遣い、一言一言に歓喜するようになる、
それはまさに海外住まいが長すぎて少し精神が病んでしまった者の症状ではありますが、
実はポー姉、もっと重症なことになっておりまして、気づいたら手元には膨大な量の
インスタント食品の箱が捨てられずにたまりにたまっておりました。恥ずかしい。

ゴミ屋敷の住人の気持ちが少しわかっちゃった瞬間、
猛省して断腸の思いで一気に処分することにしました。

インスタント食品 机
・・・あれ。

本当に捨てられなくて我ながら空恐ろしいので、自室にあるローテーブルをデコパージュ。
箱の切り抜きをアレンジして強力糊で貼り、上から透明ニスを塗って使ってます。
これでいつでも大好きなインスタント食品のパッケージと一緒。

姉。

ポーランドのインスタント食品に趣は皆無。

=======================
ブログランキング参加中。
応援クリックの際は指をつらないようにご注意ください。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-19

ポーランド発 チメルフ磁器。

ポーランドが世界に誇る陶磁器はボレスワビエッツだけではない!
今日は秘かにコレクションしているチメルフ磁器について熱く語ります。秋だし。
・・・いや秋は関係ないか。

独特なチメルフフィギュアたち。集めているのは主に動物モノ。
Cmielow チメルフ
馬、ウサギ、キリン、ウサギ、ダックス。

Ćmielów(チメルフ)はポーランドの南東に位置する小さな町で、
18世紀から陶磁器が盛んに生産されてきた場所です。その斬新なデザインは
1950年代に入るとともに徐々に世界的に人気を博すようになりますが、
1964年、製造所が大火に見舞われてからはチメルフの名は忘れ去れてしまいます。
しかし現オーナーであるアダム・スパワ氏の懸命な努力により、失われていた多くの
フィギュアの型が発見され、黄金時代のチメルフデザインが復刻。
今では知る人ぞ知るコレクターズアイテムとなっているわけです。

チメルフ鳥系。
チメルフ 鳥
白黒基調ですが、色が入ってるものもあります。

右はアヒル。左は鶏。
チメルフ デフォルメ
ややデフォルメされてます。

チメルフ熱はポー母の実家がチメルフ付近にあってプレゼントされたのがコトの始まり。
類を見ないモダンなデザイン、白と黒の使い方もそうですが、
その美しい曲線に魅了され虜になってしまいました。クラシカルでありながら、
どこかひょうきんなところもツボ。洗練されていながら親しみやすい、
まさにポーランドならではのデザインだと思います。

猫の表情も様々。
チメルフ 猫チメルフ 猫2
縞模様の入れ方はデザイナーによりけりです。

裏には必ずAS(Adam Spała) Ćmielówのロゴと製造番号が入っています。
Cmeilow
キリンの顔、ちょっと間が抜けてて好き。

動物以外でも様々な陶磁器があり、専属のデザイナーの個性が活かされつつ、
やはり一目でチメルフものだとわかるのが特徴。
チメルフ 人
気軽に手が出せるお値段ではありませんが、ちまちまコレクション中。

チメルフ 証明書
箱と鑑定書付きです。

姉。

AS Ćmielów ホームページはこちら
日本語サイトにも詳しく紹介されています。

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドブランドまだまだあるよ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-15

チンゲン祭とハニー対決。

夏の宿題の成果を賞味する時がやってまいりました。
小カブはまだ小さいのでミニチンゲンサイを収穫することに。ごめんよ、チンゲン君。
しかし何だか葉っぱが欠けてるところがあるなーなんて呑気に思っていたら・・・

で、出たー!!何かの幼虫!しかも大きい!
チンゲン虫
無農薬なので仕方ないですが、キモイ! (本当に苦手なので画像は小サイズ)

スコップでも触れなくて、小一時間スヤスヤ眠る幼虫と格闘した後、
何とか下階の芝生へスカイダイビングしてもらい、無事にチンゲンサイを刈り入れました。

「今まで育ててくれてありがとう」
ミニチンゲンサイ 
うぅぅ・・・ (ノД`)・゜・。

「熱いよー油っこいよー」
チンゲンサイ 炒め
ぎゃーごめんよー!ヽ(≧Д≦)ノ

じゃん。
チンゲンサイ 中華
中華炒めにしてみました。

お味のほどは・・・我ながらウマイ!!
シャキシャキしてるけど柔らくてチンゲン君の悲鳴が耳に届かないほど美味!

そんなんで初自家栽培の成功を祝ってビ━━━━(゚∀゚)━━━━ル!!!!を
チンゲンサイをツマミにやっちゃいましょか。久しぶりのポービール紹介、
第20弾はハチミツビール対決!

以前紹介したCiechan(チェハン)のハチミツ入りビールですが、その人気に押されて
最近は様々なメーカーがハチミツバージョンを売り出しており、今日は買い置きしておいた、
これまた以前に紹介したŁomza(ウォムジャ)のハチミツ入りを比べてみました。
銘柄を伏せたブラインドティスティング方式で両者を飲み比べ、
どちらが美味しいかを言うことに。

両者とも色に大差なし。
ハチミツビール
「試してガッテン」風にポー旦那に被験者になってもらいました。

結果から言うと・・・ もう飲む前からチェハン大勝利!
信じられなくて自分も被験者になってやってみましたが、香りが全然違う!

チェハンは濃厚なハチミツの香りがする上、喉越しはさわやか。
ウォムジャは何だかヘンな化学的なニオイ。甘さもビールにミスマッチな感じでした。
ラベルを読むとやはり、チェハンは本物のハチミツが入っているのに対し、
ウォムジャはと香料がプラスされているそうです。
こうなったら他のメーカーのハチミツバージョンも試さねば!

姉。

ガッテンボタン押しまくりな我が家の晩酌風景。

=======================
ブログランキング参加中。
応援クリックボタンはこちら。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-13

川下りで浮き彫り夫婦像。

過ぎ去る夏が口惜しいです、ポーランド。
これから日照時間がみるみる減るとともに気温も容赦なく下がると思うととても憂鬱。
とにかくお天道様を拝める日はムダにしまいと、週末ちょっくら川下りしてきました。

どんぶらこっこ~ すっこっこ~
カヤック
スゴイ剣幕で必死に漕ぐ運動不足アラサーの後姿。

ワルシャワから車で一時間弱、ポー両親の家の近くににカヤックレンタルがあり、
11kmコース(約2~4時間)にチャレンジ。レンタル代は45ズロチ(約1100円)。

川底が見えるほど水が澄んでいて、たくさんの青トンボや川魚がいました。
蛇が泳ぎながら目の前を通過してギョッとしたり、野鳥を目撃したり。

激流などもなく、辺りはとても静かでした。
ポーランド カヤック
漕ぐ手を休めて穏やかな水の流れに身を任せていると、何だかちょっとホッとする。

カヤックに乗ったまま予め持参したサンドイッチを食べていたら、日曜日だったからか、
遠くからミサの讃美歌が微かに聞こえてきて、何だか映画のワンシーンのようでした。

さて、以前にも沖縄で幻のサガリバナを見にカヤックで川を下ったり、
近場でもカヌーに挑戦したことがあるんですが、二人乗りだからこそ試されるのが
連携プレー。前方に座る者に後方が漕ぎ手を合わせないと前進しないんです。

体重比からして私が前方に座るキャプテン役なんですが、
後ろのポー旦那にから厳しいダメ出し続出!リズム感がないとか仰るじゃありませんか!
腕力が乏しいカヨワイ乙女はそんな速く漕げないんだな、これが。
あまりワシワシやるとすぐヘコタレるので結局は形だけの漕ぎ様になってしまい、
後方で鼻息荒く二人分を漕ぎまくって頑張るポー旦那。
思わぬ所で夫婦像が浮き彫りになっちゃったりするのもカヤックの醍醐味です。

そんなディープなカヤックデートはカップルに是非ともおススメ。
我々が行ったJoniecだけでなく、ワルシャワ内でも
Kępa Potocka公園Szczęśliwice公園でカヤックレンタルがあります。

Joniec

姉。

それでも翌日は筋肉痛。とほほ。

=======================
ブログランキング参加中。
どんぶらこっこッテーレッ!どんぶらこっこッテーレーレッ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-10

夏の宿題。

夏休み限定で専業主婦に変身中のポー姉ですが、今年の目標の一つだったのが、
「何か育ててみよう!」という学校の夏休みの宿題のようなもの。
ガーデニングなどしたことないし、庭は愚か、ベランダもない我が家ですが、
プランターと土と種さえあれば何とかなるだろうという意気込みで
ミニチンゲンサイと小カブを植えて窓の外に設置してみました。

数日経過したところ、ホヤホヤと生えてきましたよ!
ミニチンゲンサイ芽小カブ芽
左のチンゲンサイと右の小カブの芽にあまり違いはない。

土はオーガニック有機肥料が予め入っているものを使い、
害虫対策としてはガーゼを被せるだけ。水も土が乾いてる時にやるだけ。

2週間も経つとプランターの中がだいぶ賑やかになってきました!
ミニチンゲンサイ 中小カブ 中
ガーゼに密着しないように割り箸でテント作り。

本当はここで間引きしないといけないんですが、もともとあまり種を蒔かなかったのと、
可哀想で心が折れそうになったので見送っておりました。追肥もなし。

間引くタイミングを逃していたら4週間も経過しており、ワシャワシャしてきました!
ミニチンゲンサイ小カブ
ポー旦那が連日「オイシソウ!」と言うのでビクビクしております。私が。

小カブさんは頭が見えてきました。かわええのぉ。
カブさん
しかしちょっと小さいのが気がかり。肥料を与えなかったのが原因か。今の所、様子見。

悲しいことにミニチンゲンサイさんはもうすぐ収穫時を迎えそう。うぅぅ・・・食べられないよぉ。
食い意地を張って野菜にしたのがマズかった。観葉植物にすれば良かった。

姉。

夏の終わりのちょっと悲しい夏の宿題。

=======================
ブログランキング参加中。
いちいち名前付けちゃったのがいけなかったか。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-08

くるっ!ぱっ!in ワルシャワ。

ちょっと奥さん!

クレラップ

Blue Cityモール内のスーパーPiotr&PawełでNEWクレラップを発見!
サランラップコーナーに普通に売られていて思わず2度見。
くるっ・・・ぱっ!ですよ!「にゅーくれらっぷ♪」ですよ!

いやいや、クレラップごときで何ブログ更新してんねんって思ったアナタ!
ポーランドのラップ使ったことありまへんやろ。

高テンションでヘンな関西弁になっちゃいましたが、我が家のいつものラップはこれ。
JAN ラップ
JAN(ヤン)という謎のアンちゃんの微笑みが非常に憎たらしい。

というのもこのラップ、切れないんです。全くといって切れない。
こっちがキレても切れない。JANさん、微笑んだまんま全然キレない。

歯が悪いというのもありますが、ラップ自体が薄くて伸びてしまい、
ヒドイ時にはラップをつかんだ所に指型が残ってしまうほど。
そして箱がすぐ崩壊するのでますます切れなくなってしまうという悪循環。
あまりにイライラするので一時帰国した時にわざわざ日本のサランラップ買ったくらいです。
ポーランドで日本のクレラップが普通に売られる日が来るとは思いませんでした。
早速購入して残り物にくるっ・・・ぱっ!してます。気持ち良い!

姉。

フフフ。さようならJANさん。

=======================
ブログランキング参加中。
くりっ・・・くっ!これも気持ちイイ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-06

ハードルあげたるフォー。

昨年「納豆講習会」を行った自称、納豆研究所所長のI氏ですが、
なぜかワルシャワのベトナム・コミュニティにもやたら詳しく、わたくしも以前に何度か、
どこから仕入れたのか謎のベトナム紹興酒やお菓子をもらったことがあります。

そこで 暗黒 ベトナム界に顔の利く唯一の日本人と噂されるI氏が
美味しいと一押しするベトナム料理屋さんへ行ってきました!

Nam Sajgon

実はここは、昨年惜しくも閉鎖されてしまったスタディオンのベトナム料理街にあったお店、
Nam Sajgon(ナム・サイゴン)の移転先。またあの味が楽しめると、
ポー旦那とワクワクしながら入店したところ・・・

「っらっしゃいませ!!」 いきなり店先でI氏に遭遇。ズッコケましたです。
とうとう研究員を辞め、フォー屋で雇われの身となったかと思いましたが、
そうではなくて偶然でした。それにしても「いらっしゃいませ」て。店員さんもビックリ。

カウンターでオーダーしたら席まで持ってきてくれます。
ワルシャワ フォー
サラダ麺のようなサワタ。

ビーフフォー。
ナムサイゴン
どちらも大体15ズロチ(380円)前後。安い!

以前もベトナム料理屋はAsia TastyやらDuza Mi-Haやら
通い倒してきましたが、Nam Sajgonのフォーはかなり完成度が高い!
麺も具もスープもちゃんと作りこんであってボリュームも申し分なく、
何と言いましょう、安いのにきちんとしてるというか、本当に美味しかった。

壁にはNam Sajgonがスタディオンでまだ屋台だった時の写真が飾られていて、
ひっきりなしに人が入る店内と意外にも豪快に麺をすするポー人たちを見ていると、
人間、美味しいものは人種国境関係ないんだという妙な安心感を覚えました。
小さなバラック小屋からワルシャワ一等地に進出したNam Sajgonに、
また一つ豊かになったポーランドの食事情を垣間見ました。ご馳走様!

姉。

ポーランドで日本食店を開くなら焼き鳥屋さん!これ流行ると思う。

Nam Sajgon
Bracka 18 [MAP]
月-木 9:00-22:00 金土9:00-24:00 日13:00-21:00

=======================
ブログランキング参加中。
毎度クリックあざーす!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-02

ポーランド発アクセサリーブランド Lilou。

いつ通りがかっても混雑しているので、ずっと気になっていたアクセサリーショップ
Lilou(リル)へ、友人のお誕生日のプレゼント探しを機に終に足を踏み入れました。

ポーランド人デザイナーのMagdalena Mousson-Lestang氏が
プロデュースしているアクセサリーなんですが、カジュアルでいてちとオサレで、
何よりパーツ選びが自由自在、そして好きな言葉や文字を刻めちゃう、
その遊び心満載なデザインがとても気に入りました!かわいい!

Lilou 1
重ねてつけてみたり。

Lilou 2
シンプルにまとめてみたり。(画像元

色とりどりの紐やビニール素材、またはもっとフォーマルなシルバー、ゴールド、パールなどの
チェーンを選んだら、お好きなパーツをお好きな数だけ組み合わせます。

・・・といってもディスプレイを見てるだけで迷う迷う!
Lilou 3
パーツもとても豊富で可能性は無限。

そこに名前やイニシャル、好きな言葉を彫ってくれ、オリジナルブレスレットや
ネックレスができるというワケ。願いを込めた言葉をお守りのようにして贈るのも
なかなか洒落てるってんで、毎度店内大混雑な人気の理由がやっとわかりました。

閉店間際に行ったにも関わらずカウンター前は長蛇の列。
リル 噴水リル 店内
しかもカウンター3箇所あるんだけれども・・・。噴水とアロマキャンドルが素敵でした。

彼女へのギフトで一生懸命悩む男性や、「おばあちゃん」と彫ってくださいと依頼される方、
またベビーアクセのために注文されるお母さんもいました。私もほしいぞ!
混雑具合にもよりますが、私はオーダーしたその日に出来上がりました。

リル

姉。

Salon Lilou
ul.Mokotowska 63 [MAP]
月-金 11:00-19:00 土11:00-18:00 日11:00-16:00
クラクフ、ヴロツワフなど全国展開されてます。
http://www.lilou.pl

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドブランド、もっと発掘したい!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

2011-09-01

ワルシャワで出会った有名人。

ビバリーヒルズでハリウッドセレブに遭遇するように、
ワルシャワでは有名ピアニストに遭遇できるかも?!

前回の記事
で書きましたラブラドールパレード、
集合場所が国立フィルハーモニー前と書きましたが、パレードに参戦する前に近場の
カフェでちょこっとコーヒーなんぞを飲んでいたら、なななんとお向かいのテーブルには・・・

ショパンコンクール優勝者のユリアンナ・アヴデーエワさんが!!!

思わずカプチーノぶふぉゎ!になりましたです、ポーランドの姉。
アヴデーエワ 表紙
ショパン初心者の私でも見落としません、間違いなく雑誌の表紙を飾るこの方です。

流暢な英語で打ち合わせをしていたアヴデーエワさん。
この時カフェの外は既にラブラドールまみれになってまして、そのことが気になったのか
「どうして今日はこんなにワンコが多いの?」と同行している方々に尋ねておりました。
パレードがあるとの説明を受けて、彼女が言った次の言葉を聞き逃しませんでしたわよ。

「じゃぁ私もラブラドール、買っちゃおうかしら!」

・・・アヴデーエワさん、意外とお茶目。

打ち合わせの邪魔になってはいけないと思ったので、
お帰りなられる時に一言だけ話しかけさせてもらいましたところ、何とお写真まで!
アヴデーエワさん
優しい笑みと握手が印象的な素敵な方でした。

姉。

後から写真を見て、隣の自分が危ない人並みにニヤケてたのに愕然。

=======================
ブログランキング参加中。
だって嬉しかったんだもーん♪ ・・・手洗えない。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。