ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 2012年05月

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-22

過ぎ去りし若き日と今を生きる若者たち。

ワルシャワは25℃前後の毎日が続いております。夏だ、夏!
そして土曜日は毎年恒例のNoc Muzeów(ミュージアム・ナイト)でした。
去年の様子はこちら。その前はこちら

天気が良かったので散歩したり買い物したりで一日中ぷらぷらしてから大学へ向かい、
同僚の先生方とお話ししたり、お祭を満喫中の生徒らと談笑したり。

今年はメインステージでバンド演奏が。
PJWSTK
いかにも学園祭!

毎日目にしてるオブジェが実は噴水だったことが発覚。どうでもいいことですが。
オブジェ
初めて動いてるのを見ました。ハレの日しかつけないんかいな。

夜も深まり大学を後にして向かった先はワジェンキ公園。しかも徒歩で。
暗くて寒い冬が長いポーランドでは、天気が好転し始める春先から何というか
全国民が躁状態になっちゃう感じでして、暖かいというだけでちょっとしたお祭気分です。
自分もご多分にもれず「どこまでも歩けそう!」なんてワケもわからず意気込む始末。

てくてく歩いていると、夜にも関わらず揚げ物の高カロリーな香りが。
ポテト
皆さん地べたに座ってモグモグしております。

でたー!ポテトフライ屋さん!
Okienko
できたてを出してくれるので、外はカリッ!中はホクホクで最高!

ポテトを堪能しながら、院生時代にオランダに住んでいた頃を思い出しました。
アムステルダムに降り立った自分は大学の手配ミスで学生寮が用意されていないことを
いきなり告げられ、住所がなくて銀行口座も開設できないため、手持ち金がほぼ皆無という
激貧状態からほぼ路上生活のようなことになり、ポテトフライで食いつないでいました。

・・・あれ。何かPC画面が霞んでよく見えない。ぐすん。

そんな若きころの思ひ出に思わず目から汗が。でも塩味が引き立ったフライドポテトは格別!
なにより学生風の男女が普通に路上で喋りながらポテトを頬張るこの感じが何とも
平和で楽しく、またワルシャワが比較的安全であることを示していて和ませてくれました。

ポテトをハフハフしながらワジェンキ公園へ。
有名なショパン像の前がステージとなっており、90年代よろしくってんでDeepForestが
来ポしており、懐かしいワールドミュージックを演奏しておりました。

フレデリックくん、眩しそう。しかしちゃんとショパンを交えて魅せてくれました。
Noc Muzeow
ショパンの曲が出た瞬間、観衆から大きな拍手が沸き上がっておりました。

園内は前年同様、無数のキャンドルライトが演出する幻想的な雰囲気に包まれ、
そんな中を静かに散策しながら帰路に着きました。

姉。

この日は合計8キロ歩きました。翌日は無論、撃沈。年甲斐もなくってやつです。

OkienkoOkienko

Okienko
ul.Polna 22 [MAP]
ポテト 8ズロチ(大) 5ズロチ(小) ソース1ズロチ
月~木曜9:00-20:00 金曜9:00-0:00 土曜10:00-0:00
Facebookページ

=======================
ブログランキング参加中。
「ポテトフライ」と呼ぶか「フライドポテト」と呼ぶかで世代が分かれるのじゃ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。