ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 旧共産党本部で踊ってみた。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-20

旧共産党本部で踊ってみた。

時代の移り変わりを感じたのがちょっと前に行ったクラブイベント。
Klub55の移転先でTerrence Parkerが回すとのことで悪友らと共に
久しぶりにクラブへ行ったのですが、その住所がなんと旧共産党本部!

新世界通りを歩きロンドドゴールへ。
「こちらでーす」闊歩しながら案内してくれてるシャルルドゴールの銅像が目印。
ワルシャワ ロンドドゴール
その後ろにそびえ立つのが元共産党本部ビル。

オランダ留学中に行った教会が改造されたクラブも衝撃的でしたが、
ワルシャワのまさかこんなところで踊れるとは思いませんでした。

DJのパーカー氏。ヘッドフォンじゃなくて受話器を使ってたのが面白かった。
Terrence Parker
「もしもし?出前頼みたいんですが」 (画像はKarolGrygoruk

クラブの内部が暗くて写真がうまく撮れなかったんですが、
ホテルのホールのような大理石のフロアに60年代の古めかしいバーカウンターがある作りで
まだまだこれから内装を改良してほしいものの、なかなかいい感じ。
箱が広すぎて、ホテルのロビーで踊ってるみたいでシュールでした。

旧共産党クラブ

ちょっと前までは、ポーランド政界を揺るがすお偉いさんたちが出入りしてたんだなぁ。
そんなところでハメ外してるんだなぁ。フヒヒ。

何年も前ですが、実は北朝鮮大使館でも踊ったことがありました。
クラブやオフィスとして又貸しすることによって外貨稼ぎをしていたそうで、
記念に行ってみてお祭騒ぎしてトイレ使って北朝鮮大使館マーキングしておきました。

さて先日このKlub55のある旧共産党本部ビル前を通ってまた驚いた。
一階部分がやたら煌々としていて眩しいと思ったら、
なんとフェラーリディーラーのショールームになっておりました!

フェラーリ 赤フェラーリ 黒
フェラーリがズラーリ。あ、すみません。

当時はまさかこのような高級車が陳列されることになろうとは誰も思わなかったでしょう。
この日はポーランドで初めて、あの007シリーズで有名なボンドカー、
アストンマーチンが街を走り抜けるのを目の当りにしたばかりで、
車体美に心奪われるよりか、ポーランドが裕福になりつつあることに感慨深さを覚えました。

ワルシャワ フェラーリ

民主主義国家になり資本主義を導入して約20年。
ポーランドはまだまだその恩恵を享受しはじめたばかりです。

姉。

Nowy Klub 55
(Dawny Dom Partii)
ul. Nowy Świat 6/12 [MAP]

=======================
ブログランキング参加中。
マルクスもビックリック。あ、すみません。



にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

テレンスおじさんは良かったけど、このバーはいただけなかったよなー
パーティのあとfacebookで文句言ってる人いっぱいいた。
12月にまたイベントやるってよ。行く?

ってか悪友って誰のことなんでしょうね。

テレンスさん、日本にも今年の夏来てたのですね。受話器がなんとも哀愁漂う感じですから、この共産党跡地と不協和音を奏でつつもボ姉さんは、そのヘンテコな感じに満足できたのでは?と思う次第です。

悪友さんへ。

atzちゃん、やっぱり苦情出てましたか!!
もうちょっと内装どうにかしてほしいし、ドリンクの価格設定もね。あとトイレが故障して溢れたり!でもさすがテレンス氏、なかなか楽しめましたよー。12月にイベント?!そりゃ悪友からのお誘いは断れませんよー(笑。

エンジェルruさんへ。

テレンス氏、夏は日本でしたか!腕は素晴らしかったです!
彼のこの受話器にやはりちょっと笑ってしまいましたが、まさにクラブ内装と時代のズレがマッチしてました!
プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。