ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 本屋ビストロ。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-24

本屋ビストロ。

いよいよ今学期も残すところ一週間。大詰めでっせぇ。
楽しみだったカラオケやお食事へのお誘いも断り続けねばならず、
週末もこもりっきりでPCに向かい、心がやさぐれ気味の自分を見かねてか、
ポー旦那が結婚記念日をお祝いしようと外へ連れ出してくれました。

いやしかし。結婚記念日っていつだったかしら。
ポーランドのお役所で婚姻届を出すとともに証人と家族参加の小さな式典を行い、
日本へ渡って教会で式をあげ披露宴をして、再びワルシャワで結婚パーティをやったので、
記念日がありすぎていちいちお祝いなんぞしてられなかったんですが、
まぁ美味しいものが食べられればいいか!細かいこたぁいいんだぜ!

ということで、前々から気になっていたOpasły Tom PiW(オパスウィトムピヴ)へ
行って参りました。訳すと「分厚い一巻」という意味です。
ここは以前行ったポーランド式モツ料理のお店の経営者が開いたビストロで、
60年代には多くの文化人が集うカフェ兼本屋さんだった場所。
PiWは今もポーランドを代表する出版社であります。

未だに本屋の面影を残した店内。
Opasly Tom PiW
実際本を買うこともできます。

メニューにも本のテーマが見られます。
menu
ワインテイスティングができる6皿のコース料理128ズロチ(約3700円)をいってみました。

偶然にもポー旦那が大好きな70年代ファンク&ソウルミュージックがかかる中、
まず出てきたのはサーモンペーストのカナッペ。横にちょこんとついてるのは
洋風にアレンジされたワサビ。これだけでも舐めていたいほど美味。
カナッペガチョウスープ
そしてプラムと野生マッシュルームを詰めたラビオリが浮かぶキノコとガチョウスープ。

ほうれん草とオイスターマッシュルーム(平茸)のサラダ。
サラダ
クミンとガーリックマヨネーズ、甘酸っぱいラズベリーソースとチャツネが使ってあります。

いやいや驚いた!難しいことを語れるほどツウではないけれど、
量だけ多くて大味な海外グルメライフに慣れてしまった舌をうならせる緻密な構成のサラダ!
全てのパーツがそれぞれの味を主張しながらも素晴らしいハーモニーを奏でておる。

気分はすっかり『美味しんぼ』になったところで、メイン登場。
スズキ
グレモラータのかかったスズキとメープルシロップでキャラメル化されたチコリー。

お次は豚ロースに生ハムとアーティチョークなど。
ロース
とても柔らくてしつこくないお味。

お魚とお肉の間に箸休め的なアイスを出してくれました。
梨アイス
梨の手作りシャーベットだったんですが、これがもう人を無口にさせるほど美味しかった。

チーズと木の実ペーストのプレートにワインが進む。
チーズ各種
お腹一杯です。

でもデザートは別腹。
デザート
レーズンアイス、バニラの香りが詰まったプリン、濃厚なチョコムース、トロトロのティラミス。

6皿以上出てきたこのコースメニューはどれも小さな分量なんですが、
本当に細部までシェフの心意気が感じられて正直ポーランドのグルメも
ここまできたかと感心させられるばかりでした。ワインも美味しくて苦しいほどお腹一杯!

久しぶりに素晴らしく豪華なお食事を満喫して心もお腹も満たされ幸せの至極。
ワインはグラス2杯だけにして良い具合にホロ酔い気分に浸り、帰路に着きました。

姉。

オパスィトム

Bistro Księgarnia Opłasy Tom PiW
ul.Foksal 17 [MAP]
月~金 10:00-23:00 土日12:00-23:00
http://www.kregliccy.pl/opaslyTom.php

=======================
ブログランキング参加中。
美味しい食事とクリックで疲労回復。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ちょっとちょっと!!あたしここ気になってたのよ!
今度Z主婦会で行こうよ~

食文化

ポーランド人は味覚(とくに甘味と肉の味とアロマの風味の微妙さ)がよく発達している気がします。あと、けっこうなカトリック信仰の国でありながら、フランスやイギリスなどと違って「文化的に異質なものを嫌悪する」という風潮があまりない、なんというか自然体っぽい考えが社会によく定着しているように思います。昔のポーランド・リトアニア共和国のコスモポリタンな社会の遺産かな、とか思ったり。

いまでさえこのレベルに来るのですから、小規模企業や飲食業の関係の制度さえ変わってくれば、ママの味とのバランスを取りながらも外食の文化がものすごい勢いで発達する国なんじゃないかな、と思います。(ただし大チェーン店などの大企業がやりやすくなる制度構築は絶対ダメ!)

No title

いいね~。本好きの二人にはたまらないレストランだね。
最近色々やさぐれた私の心も癒されたよ。ありがと。
さて、展開はまだないけど、新居が決まったら新しく醸造作品を開発予定。二人に何を飲ませよう(!)か、色々考え中。

追伸
ミーアキャットを見ると、反応しまくるパンダ。なんだ、この親近感は!?ポー旦那さんの悪寒が走ったら、要注意!

No title

うわ!すごい!
いいですね、このお店!
滞在中にこういうレストランに一度は行けたらいいなと思っていたんです。候補に入れておこう!
HPをみてみると4品のコースもあるようですが、4品だとちょっとさびしいですね。サラダとキャラメル化されたチコリーがすごく気になります。
しかし私の知ってるポーランド語は、ありがとう、こんにちは、薬局、水、金のテラス・・・くらいしかありません。へっぽこ英語でなんとななるものでしょうか。そしてこのレストランは予約が必要でしょうか。

No title

結婚記念日おめでとう~~!いつまでも素敵なカップルでいてね、ウフッ♪
あ、是非Z主婦会でも行きましょうよー、美味しそう、ここ!!

いきなり、週末にモッコリ!?と読んで驚きましたが、こもりきりの間違いでした。兎に角、結婚記念日おめでとうございま~す!素敵な記念日になりましたね!

No title

ご結婚記念日、おめでとうございます!
素敵な記念日ディナーですね!!
すごいお料理の数々!!食べたことのない豪勢なメニューに、写真を拝見しただけでクラクラします(笑) 
まさに、至極のひとときですね!

悪友Aちゃんへ。

おお!やはりマークしてましたか!
Z主婦会やりましょう!

ぴっちゃんさんへ。

そうですねぇ。後は食材さえ充実してくれたらいいなぁと思います。ここ数年でもお寿司屋さんやフォー屋さん、インドカレー店などがぞくぞくと増えてきてて美味しいお店がちゃんと繁盛しているのを見ると、これはポーランドもなかなかやるなと思いますね。
食習慣はお国によっていろいろありますが、胃袋はみんな同じ。美味しいものは美味しいってわかり合えるのは嬉しいです。ポーランドの食事情、これから益々楽しみです!

kojisatoさんへ。

ここはお料理は小洒落てて美味しいのにレストランの雰囲気は気取ってなくてとても気に入りました!コメント返しが遅れてしまいましたが、新居が決まっておめでとう!!醸造作品楽しみにしてますぞ!ミーアキャット連れて遊びに行きます(笑。

AUGEさんへ。

是非リピートしたいと思ってます、このお店!
この6品コース、実はお腹がパンパンになってしまいまして、ワイン重視ならば4品で充分だと思います。一皿一皿の量は少ないんですがいつのまにか苦しくなってました(笑。
私たちが行った日には偶然にも他のテーブルにも外人客がたくさんいて予約なしで来た感じでしたね。スタッフも英語で対応してました。私も英語メニュー出されましたし大丈夫だと思いますよ。ただAUGEさん、「金のテラス」て!(笑。な、なぜに?!

Mariさんへ。

ありがとう!Z主婦会でいろいろ食べ歩きしましょう。もちろんダンサーのTちゃんと一緒の場合は6品コースで(笑。

エンジェルruさんへ。

ぶはっ!週末にモッコリ・・・それはいけませんな!(笑。
ありがとうございます!今週末はホッコリしたいです。

ちぇこらどかさんへ。

ありがとうございます!
美味しいものって本当に幸せになりますね。幸せすぎてレギンスを履いていったことを実に嬉しく思った記念日でした(笑。
プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。