ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ ハードルあげたるフォー。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-06

ハードルあげたるフォー。

昨年「納豆講習会」を行った自称、納豆研究所所長のI氏ですが、
なぜかワルシャワのベトナム・コミュニティにもやたら詳しく、わたくしも以前に何度か、
どこから仕入れたのか謎のベトナム紹興酒やお菓子をもらったことがあります。

そこで 暗黒 ベトナム界に顔の利く唯一の日本人と噂されるI氏が
美味しいと一押しするベトナム料理屋さんへ行ってきました!

Nam Sajgon

実はここは、昨年惜しくも閉鎖されてしまったスタディオンのベトナム料理街にあったお店、
Nam Sajgon(ナム・サイゴン)の移転先。またあの味が楽しめると、
ポー旦那とワクワクしながら入店したところ・・・

「っらっしゃいませ!!」 いきなり店先でI氏に遭遇。ズッコケましたです。
とうとう研究員を辞め、フォー屋で雇われの身となったかと思いましたが、
そうではなくて偶然でした。それにしても「いらっしゃいませ」て。店員さんもビックリ。

カウンターでオーダーしたら席まで持ってきてくれます。
ワルシャワ フォー
サラダ麺のようなサワタ。

ビーフフォー。
ナムサイゴン
どちらも大体15ズロチ(380円)前後。安い!

以前もベトナム料理屋はAsia TastyやらDuza Mi-Haやら
通い倒してきましたが、Nam Sajgonのフォーはかなり完成度が高い!
麺も具もスープもちゃんと作りこんであってボリュームも申し分なく、
何と言いましょう、安いのにきちんとしてるというか、本当に美味しかった。

壁にはNam Sajgonがスタディオンでまだ屋台だった時の写真が飾られていて、
ひっきりなしに人が入る店内と意外にも豪快に麺をすするポー人たちを見ていると、
人間、美味しいものは人種国境関係ないんだという妙な安心感を覚えました。
小さなバラック小屋からワルシャワ一等地に進出したNam Sajgonに、
また一つ豊かになったポーランドの食事情を垣間見ました。ご馳走様!

姉。

ポーランドで日本食店を開くなら焼き鳥屋さん!これ流行ると思う。

Nam Sajgon
Bracka 18 [MAP]
月-木 9:00-22:00 金土9:00-24:00 日13:00-21:00

=======================
ブログランキング参加中。
毎度クリックあざーす!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、以前コメントしたことがある者です。
いつも楽しく拝見しております。

ポーランド人にもベトナム料理は受け入れられるんですね!
それに屋台から一等地へ進出されたなんて、すごい。
オーナーはベトナム人ですか?

アオザイ仕立て屋さんへ。

アオザイ仕立て屋さん、どーも!
社会主義時代にベトナム人留学生を積極的に受け入れていたため、ポーランドにはベトナム人が多く、おかげで結構美味しいベトナム料理が食べられます。でもポーランド風に改良されたベトナム料理ではなくて本格的フォーが食べられるようになったのは最近のことのようです。
このお店もウェイターなどはポー人ですが、シェフも注文を受ける方も屋台だった頃と変わらず同じベトナムの方なので、おそらくオーナーもベトナム人だと思われます。本当に美味しいのでどんどん広がってほしいですよ、ベトナム料理!
プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。