ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ ポーランド発 チメルフ磁器。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-19

ポーランド発 チメルフ磁器。

ポーランドが世界に誇る陶磁器はボレスワビエッツだけではない!
今日は秘かにコレクションしているチメルフ磁器について熱く語ります。秋だし。
・・・いや秋は関係ないか。

独特なチメルフフィギュアたち。集めているのは主に動物モノ。
Cmielow チメルフ
馬、ウサギ、キリン、ウサギ、ダックス。

Ćmielów(チメルフ)はポーランドの南東に位置する小さな町で、
18世紀から陶磁器が盛んに生産されてきた場所です。その斬新なデザインは
1950年代に入るとともに徐々に世界的に人気を博すようになりますが、
1964年、製造所が大火に見舞われてからはチメルフの名は忘れ去れてしまいます。
しかし現オーナーであるアダム・スパワ氏の懸命な努力により、失われていた多くの
フィギュアの型が発見され、黄金時代のチメルフデザインが復刻。
今では知る人ぞ知るコレクターズアイテムとなっているわけです。

チメルフ鳥系。
チメルフ 鳥
白黒基調ですが、色が入ってるものもあります。

右はアヒル。左は鶏。
チメルフ デフォルメ
ややデフォルメされてます。

チメルフ熱はポー母の実家がチメルフ付近にあってプレゼントされたのがコトの始まり。
類を見ないモダンなデザイン、白と黒の使い方もそうですが、
その美しい曲線に魅了され虜になってしまいました。クラシカルでありながら、
どこかひょうきんなところもツボ。洗練されていながら親しみやすい、
まさにポーランドならではのデザインだと思います。

猫の表情も様々。
チメルフ 猫チメルフ 猫2
縞模様の入れ方はデザイナーによりけりです。

裏には必ずAS(Adam Spała) Ćmielówのロゴと製造番号が入っています。
Cmeilow
キリンの顔、ちょっと間が抜けてて好き。

動物以外でも様々な陶磁器があり、専属のデザイナーの個性が活かされつつ、
やはり一目でチメルフものだとわかるのが特徴。
チメルフ 人
気軽に手が出せるお値段ではありませんが、ちまちまコレクション中。

チメルフ 証明書
箱と鑑定書付きです。

姉。

AS Ćmielów ホームページはこちら
日本語サイトにも詳しく紹介されています。

=======================
ブログランキング参加中。
ポーランドブランドまだまだあるよ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ぽーあねさん、大変ご無沙汰いたしております。

この陶器はポーランド国内では有名ですが海外でも有名とは知りませんでした。
毎年グダンスクで開催される琥珀の展覧会で必ずこのお店は出店しています。
私も一目見て、気に入り手にとってお値段を見たらお高いのでビックリ!
「見るだけ」でした。
でも、動物モノの陶器がかなりいい感じですよね。
それをコレクションとして持っているぽーあねさん、すごい!

いつかくま家にもおひとつ欲しい陶器でございます。

鍵コメントさんへ。

初めましてどーも!
もちろん是非ともリンクしてください!
そしてこちらからも相互リンクよろしくお願いします。
ポーランドへいらっしゃるのですね。
これから冷え込む季節ですのでお体にお気をつけて!

くまさんへ。

おっと、くまさん!こちらこそ大変ご無沙汰しております!
チメルフの陶器、ワルシャワでは取り扱っているお店が少ない上、お値段も高いので、本当に特別な機会に自分へのご褒美としてそっと買ってます(笑。グダンスクの展覧会に定期的に出ているとは羨ましい!本当はチメルフの工場見学もしたいくらいなんですが、なんせ遠くて・・・ いつか行ってみたいです。
くまさん宅には是非くまさんと猫さんのチメルフを!(笑。

チメロフの陶磁器洒落てますね!ペンギンの特に威張ってふんぞり返ってる姿が実にいい~♪

間違えちゃった

先のコメはチメロフ→チメルフでした!すみませんm(_ _)mお詫びにチメルフ一体無料にてお引き取り致します。

エンジェルruさんへ。

ちょっと小洒落てますでしょ!ペンギンさんはふんぞり返ってるし、キリンさんはトボケてるし、シャレててもくだけてる感がなんともポーランド的だと思うんですわ。

エンジェルruさんへ。

無料で・・・
おっとこれ、危うく騙されるところでしたよ!エンジェルruさんったら!こら!!
プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。