ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 日本のインスタント食品の素晴らしさを語るうちに机をデコってた。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-25

日本のインスタント食品の素晴らしさを語るうちに机をデコってた。

外国に住むようになって初めてわかる日本の良さ。
これをテーマにしたらブログどころか本が数冊書き上げられるほど、
これを酒のツマミにしたらポーランドで鍛え上げられた酒豪も数人潰せるほど、
それほど枚挙に暇がないってもんですが、恐らく誰もわかってくれないのが、
日本のインスタント食品のパッケージの素晴らしさ!これです。

言わずもがな中身はね、世界一美味しいですよ。そしてそれを可能にしている技術!
日本のインスタント食品ほど高度な技術を駆使して作られている食べ物はないと
思ってしまうほど、温めるだけでお肉や野菜がゴロゴロ入ったカレーができちゃうし、
お湯を注ぐだけでフリーズドライされた具材が蘇ってラーメンや汁物ができちゃうし、
真空パックされているだけで生の素材が常温保存可能になっちゃってて、もう夢のよう!
これほどまでに多岐に渡って即席化されてる食文化もそうないと思います。

そんなんで、一時帰国から戻る際や家族が送ってくれる有難い小包には
日本の味を手軽に楽しめるインスタント食品は欠かせないものになっているワケですが、
手順通りに楽しく作って懐かしみながら美味しく頂いた後にすることと言えば・・・

素敵なパッケージを心行くまで眺める!
インスタント食品
これはチャーハンの素。この色鮮やかな箱一面に描かれた世界にしばし酔いしれます。

わかってます。多分こんなことしているのはポーランドで私一人だけだと思いますが、
それにしてもこの使用料理例とされる写真の美味しそうなこと!
そして心躍る派手なフォントと所狭く散りばめられた謳い文句!
裏も実に事細かく作り方が記されており、全てにおいて詳細な配慮が感じられる!

「開封時、袋のフチで手を切らないようにご注意ください」とか、
「調理時・飲用時のやけどには、充分ご注意ください」とか、
「○○等を添えますとより一層美味しく召し上がれます」とか、
「こちら側のどこかれでも切れます」とか!

インスタント食品に示された行き届いた心遣い、一言一言に歓喜するようになる、
それはまさに海外住まいが長すぎて少し精神が病んでしまった者の症状ではありますが、
実はポー姉、もっと重症なことになっておりまして、気づいたら手元には膨大な量の
インスタント食品の箱が捨てられずにたまりにたまっておりました。恥ずかしい。

ゴミ屋敷の住人の気持ちが少しわかっちゃった瞬間、
猛省して断腸の思いで一気に処分することにしました。

インスタント食品 机
・・・あれ。

本当に捨てられなくて我ながら空恐ろしいので、自室にあるローテーブルをデコパージュ。
箱の切り抜きをアレンジして強力糊で貼り、上から透明ニスを塗って使ってます。
これでいつでも大好きなインスタント食品のパッケージと一緒。

姉。

ポーランドのインスタント食品に趣は皆無。

=======================
ブログランキング参加中。
応援クリックの際は指をつらないようにご注意ください。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ

更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!

素敵なデコパージュの完成ですね!
日本のインスタント食品、海外で食べると美味しさもグーンとアップした感じがしませんか?日本にいるとわからないけれど長い海外生活が続くと日本食をいとおしくなってパッケージを捨てがたくなられたのも、わかる気がします。
先日、クラクフに住むポーランド人の友達に、すし太郎を送ったら予想以上に大好評でパッケージの写真のおかげで初めてのちらし寿司も上手く出来たと歓喜の写メが届いてました。作り方も図解されていて本当に親切この上なしですよね。

アハハ…ウチに来なさ~い!カウチだろうがタンスだろうがデコパできるほど空き箱は毎週でます。でも、気持ちわかります。何故か蕎麦粉のロシアの箱を自分も捨てられません。ポも食べるんですよね。あれは?ポのインスタント食品も見てみたいな。

No title

仕事に集中できなそうな賑やかな机ですねえ

No title

おおおお・・・乙。

No title

先日、コンビニで300円くらいのインスタントラーメンを買ったんです。
中を開けると、かやくだのスープだのと4種類くらい入っていて、
熱湯注ぐ前に入れるものと、熱湯注いで3分経った後にいれるものとあって、正直「うががぁぁぁあああ!」となりました。

最近のインスタントラーメンはお湯を注ぐだけではダメみたいです。

poaneさん、機会がありましたら、日本の紙パックのジュースを飲んだとき、紙パックの接着部分を全部はがして広げてみてください。

「たたんでくれてありがとう」
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1255616397238.html

ってメッセージが出てきますよ。
カゴメの野菜生活だけか、それとも他のメーカーも書いてあるか、
わかりませんが、私はごみ袋節約のため紙パックはいつも広げて
捨てるので、初めて見たとき驚きました。

それにしてもデコ素敵です。

美味しそうね

先日、タイのカップ焼きそば食べましてね。
その時細部にまで心遣いがなされている日本のインスタントフードに
心底感動したわけです。
味は美味しいけど、なんだろな。
カップが熱いとか
備え付けのフォークでは何の役にも立たないとか
色々プチストレスがありました。

日本にいてでもコレですもん。
ましてや海外においてをや。
堪能しまくっている様子で微笑ましい限りです♪


Klaraciaさんへ。

そうなんです!日本にいたらあまり心惹かれぬインスタント食品も海外で食べると全くもって別格でして、手軽に食べられる懐かしい味とでも言いましょうか、ちょっとしたご馳走になってしまってます。
おおぅ!すし太郎!もうその名前だけで何となくパッケージが想像できてしまいます!これは確かにちょっとしたお土産にいいかも。ホームパーティなんかでも活躍しそうです。次回帰国時の買い物リストに追加しておかねば!

エンジェルruさんへ。

そう言われたらもうお邪魔しちゃってタンスからカウチからテレビまで全てデコるしかないですな!(笑。
ロシアの蕎麦粉とはどんなパッケージなのか興味がそそられます。ポーランドもカシャという蕎麦飯のようなものがありますが、パッケージはまんま蕎麦飯です。もう少しヒネらんか!と思うところですが、いかんせんただの蕎麦飯ですからね(笑。ポーランドのインスタント食品には日本製にあるような「即席だけど驚くほどウマイじゃろ?!」というような威勢が感じられません。

悪友Aちゃんへ。

ぶはは!もうお腹空きまくりで仕事どころじゃないっす!(笑。

KOHちゃんへ。

何かデコ希望なものがあれば是非ご依頼を!
・・・ていらんか!(笑。

AUGEさんへ。

「うががぁぁぁあああ!」て!(笑。AUGEさん落ち着いて!!
そのインスタントラーメンの細かいの、わかりますとも!
ラーメンのスープを蓋の上の温めたり、インスタント焼きそばの湯切り口は本当に感動モノです。旦那に言わせるともう本当に宇宙食の域に達しているようで、それでいて理にかなってるというか、美味しいんですから!
それにしても紙パックの「たたんでくれてありがとう」!!!
リンク先を見て思わず「おー!」と声を出して驚いてしまいました。これ本当ですかっ!何という細かい心遣い。そして驚きと喜びを逆手にまたリサイクルしたくなるよう誘導する小粋なワザ!素晴らしいです!何か商品に直接語りかけられているようで嬉しいです。ポーランドでも是非導入していただきたい!

solo_pinさん。

solo_pinさん!その備え付けのフォークが役立たずなの、痛いほどわかりますとも!(笑。
こちらもベトナム産のインスタントラーメンなどがありましてフォークが付いてるんですが、これがもう理不尽なくらい役立たずでして・・・ 痒いところに手が届かない感を毎回味わされます。そういえば日本製のインスタントラーメンを海外向けに販売する際にはすすらない文化の人のために麺を短くして工夫したという話を聞いたことがありますが、スゴイですよね。
こうなったらもう商品開発のモニターになっていろいろ貢献したいくらいです(笑。

素晴らしい!

poaneさん、お久しぶりです、マウォポルスカのちぇこらどかです。

共感することしきりで、楽しくおもしろく読ませていただきました!
以前にアップしていらっしゃったラップに関する記事も。

本当、日本のインスタント食品は素晴らしいですよね!
一番恋しいのはこれかもしれません。
ここじゃあまりに乏しくて、家事の手抜きもできやしない(笑)
パッケージにも日本らしさがよく現れていますよね。
私もよく感激します。
と同時に、もしかしたら、クレームも多いのかなぁと思ったり。
パッケージのふちで手を切ったなど。

poaneさんのアイデアも素晴らしいです!
こんな素敵な形で再利用してもらえたら、パッケージも大満足ですね!

No title

これを実際に見て、手に触れたモノとしての感想。
本当にすごい!
感動したもの!

これ見ていたら、お腹がずっと空いちゃうかもね。
パブロフの犬法則。
プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。