ポーランドの姉より。~Drogie Siostry~ 過ぎ去りし若き日と今を生きる若者たち。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-22

過ぎ去りし若き日と今を生きる若者たち。

ワルシャワは25℃前後の毎日が続いております。夏だ、夏!
そして土曜日は毎年恒例のNoc Muzeów(ミュージアム・ナイト)でした。
去年の様子はこちら。その前はこちら

天気が良かったので散歩したり買い物したりで一日中ぷらぷらしてから大学へ向かい、
同僚の先生方とお話ししたり、お祭を満喫中の生徒らと談笑したり。

今年はメインステージでバンド演奏が。
PJWSTK
いかにも学園祭!

毎日目にしてるオブジェが実は噴水だったことが発覚。どうでもいいことですが。
オブジェ
初めて動いてるのを見ました。ハレの日しかつけないんかいな。

夜も深まり大学を後にして向かった先はワジェンキ公園。しかも徒歩で。
暗くて寒い冬が長いポーランドでは、天気が好転し始める春先から何というか
全国民が躁状態になっちゃう感じでして、暖かいというだけでちょっとしたお祭気分です。
自分もご多分にもれず「どこまでも歩けそう!」なんてワケもわからず意気込む始末。

てくてく歩いていると、夜にも関わらず揚げ物の高カロリーな香りが。
ポテト
皆さん地べたに座ってモグモグしております。

でたー!ポテトフライ屋さん!
Okienko
できたてを出してくれるので、外はカリッ!中はホクホクで最高!

ポテトを堪能しながら、院生時代にオランダに住んでいた頃を思い出しました。
アムステルダムに降り立った自分は大学の手配ミスで学生寮が用意されていないことを
いきなり告げられ、住所がなくて銀行口座も開設できないため、手持ち金がほぼ皆無という
激貧状態からほぼ路上生活のようなことになり、ポテトフライで食いつないでいました。

・・・あれ。何かPC画面が霞んでよく見えない。ぐすん。

そんな若きころの思ひ出に思わず目から汗が。でも塩味が引き立ったフライドポテトは格別!
なにより学生風の男女が普通に路上で喋りながらポテトを頬張るこの感じが何とも
平和で楽しく、またワルシャワが比較的安全であることを示していて和ませてくれました。

ポテトをハフハフしながらワジェンキ公園へ。
有名なショパン像の前がステージとなっており、90年代よろしくってんでDeepForestが
来ポしており、懐かしいワールドミュージックを演奏しておりました。

フレデリックくん、眩しそう。しかしちゃんとショパンを交えて魅せてくれました。
Noc Muzeow
ショパンの曲が出た瞬間、観衆から大きな拍手が沸き上がっておりました。

園内は前年同様、無数のキャンドルライトが演出する幻想的な雰囲気に包まれ、
そんな中を静かに散策しながら帰路に着きました。

姉。

この日は合計8キロ歩きました。翌日は無論、撃沈。年甲斐もなくってやつです。

OkienkoOkienko

Okienko
ul.Polna 22 [MAP]
ポテト 8ズロチ(大) 5ズロチ(小) ソース1ズロチ
月~木曜9:00-20:00 金曜9:00-0:00 土曜10:00-0:00
Facebookページ

=======================
ブログランキング参加中。
「ポテトフライ」と呼ぶか「フライドポテト」と呼ぶかで世代が分かれるのじゃ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
更新の励みです!ありがとうございます!
=======================
スポンサーサイト

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【過ぎ去りし若き日と今を生きる若者たち。】

ワルシャワは25℃前後の毎日が続いております。夏だ、夏!そして土曜日は毎年恒例のNoc Muze

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

久しぶり~。元気そうで何より。何だかまた色々と難しそうなことで頭悩ませているみたいだけど、お日様効果で躁であろうと何であろうと現金にね:)スコットランドも久しぶりの晴れ続き。こっちは、鬱々した冬が明けた兆しを少し見せて、人々の希望が芽生えたところで大逆転の悪天候(先週は霰が降ったり、コートが必要なほど寒かったり)という、飴とムチなハードゲームで鍛えられているよ。うん、強くなったはず!(笑)
お金がない!という時の苦しまぎれの記憶って、目が霞むよね。私も、ドイツで家賃が払えそうになくて、退去の危機におびえたり、イギリスの空港で無一文(全財産Pa-pandaに送金してから移動)で、門前払い(国外通報)になりかけたり…いやあ、今だから語れるけど。思い出すと心臓がまたドキドキするよ。
ポーランドの初夏から夏にかけて、お天気がよくて羨ましい!またそんな様子をおすそわけしてください。

イモは最高です。

おっとお、ポテトで…ウルルですか。

ポ姉さまも涙もろくなりましたね…。
お疲れちゃんです。

アムステルダムですか~。
大学の時に行きましたよ~。
美術館周辺がアトリエだらけで
絵画が「活きている」のを感じた記憶があります。
骨董品扱いではなく。

確かに、アムステルダムのポテトは一品だった。
ゴッホって観光客向けのレストランでさえも
ボールでだされた丸いイモが最高でした。

写真。

ショパンがド派手にライトアップされていて
ああ!ちょっと観てみたい!

でも、思うに…

もと社会主義国、共産主義国の
ライトアップって下品ですよね。(笑)

いや、ごめんなさい。

クラクフで買った塩電気も
シンプルで十分よいのに

色をつけたがる下品さが
ポーランド人にはありますな…。

ははは~。

「涙のポテトフライ」があればこそ今の自分があるのかもね?ああ~塩っぱい!学園祭って懐かしいなあ~

kojisatoさんへ。

相変わらずドラマに事欠かない海外ライフです!ご無沙汰しております!
今年はホント天候が激しい気がします。ポーランドはもう既に30度を記録したと思ったら10度くらいになったり・・・
お金が全てじゃないけど、お金のない時の心細さったらありゃしないわよね!(笑。
わかってくれて嬉しいですわ。ホント今だから笑って書けるけれど、当時は必死!そして若かったな、とかバカだったな、とか反省しきりです。
訪ポはいつ頃ですかい?!お天気が良好なうちに是非~~!!

glycyrさんへ。

そうなんですよ、そう!なんなんでしょ、このライトの下品さというか安っぽさ!(爆。
ポッと灯るようなムードをかもし出す感じにはまだ至ってないんですよ、どうしても。頑張って派手にしてしまう。白黒の世界から抜け出たばかりなので仕方ないのかもしれませんが。こちらはアパート棟なんかもパステル調に塗り替えてしまうことがあって残念です。
それにしてもホントに仰る通りで、年とるごとに涙もろくなっていけないですわ!ポテトで涙です。
アムステルダム行かれたんですね!ゴッホ美術館は年間パスを買って目的もなく絵画を見ながら一日を過ごすこともありました。そんな時もゴッホの「ひまわり」の一作を所有してるのが日本と知り、いろいろ思うところがありました。生きてる芸術と所有物としての芸術・・・一文無しのポテトの味もそうですが、お金で評価できる価値って不思議です。

エンジェルruさんへ。

まさに極貧でありながら極上の塩味ですよ!しょっぱいッス!
プロフィール

poane

Author:poane
ワルシャワに越して6年目。
日本に残した妹2人を想いながら嫁ぎ先での暮らしぶりを綴る。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。